「音楽」オタワ国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門でグランプリ受賞 | アニメ!アニメ!

「音楽」オタワ国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門でグランプリ受賞

「オタワ国際アニメーション映画祭」長編コンペティション部門にて、アニメーション映画『音楽』(2020年1月11日公開)がグランプリを受賞。

ニュース
『音楽』(C)大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン
  • 『音楽』(C)大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン
  • 岩井澤健治監督
  • 岩井澤健治監督 イラスト
「オタワ国際アニメーション映画祭」長編コンペティション部門にて、アニメーション映画『音楽』(2020年1月11日公開)がグランプリを受賞。岩井澤健治監督からイラストとともに、「スタッフ、キャストのみなさん、ありがとうございました」とコメントが到着した。

岩井澤健治監督
映画『音楽』は、個人による製作期間7年超、作画枚数は実に40,000枚超、本編71分は全て手描きで制作された長編アニメーションプロジェクト。楽器を触ったこともなかった不良たちが思いつきでバンドを組む、ロック奇譚が描かれる。
クライマックスの野外フェスシーンでは、ダイナミックな再現のため、実際にステージを組みミュージシャンや観客を動員してのライブ敢行という試みも行われている。

今回、世界4大アニメーション映画祭のひとつ、「オタワ国際アニメーション映画祭」長編コンペティション部門にてグランプリを受賞。本作について審査員は「台詞の間、的確な構図、魅力的なキャラクター、そして映画的言語が駆使された演出を高く評価した」と語った。

岩井澤健治監督 イラスト
アニメーション映画『音楽』は、2020年1月11日より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。

<以下、コメント全文掲載>


【監督:岩井澤健治】
スタッフ、キャストのみなさん、ありがとうございました。

【プロデューサー:松江哲明】
オタワでは爆笑と拍手が起こるライブのような上映で、こんなにも幸福な時間が体験できたことに感謝です。そして大橋さんの笑いと切なさが国境を越えることを確信出来ました。岩井澤監督の演出力と原作愛、全カットに込められたエネルギーにご期待下さい。

監督:岩井澤健治原作:大橋裕之「音楽完全版」(カンゼン))
プロデューサー:松江哲明アソシエイトプロデューサー:九龍ジョー、迫田明宏
配給:ロックンロール・マウンテン配給協力:アーク・フィルムズ
2019/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/71分


(C)大橋裕之・太田出版/ロックンロール・マウンテン

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《MoA》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集