「ガンダム」ハロがバレーボールに? 創業100年を超えるボールメーカー・ミカサとコラボ | アニメ!アニメ!

「ガンダム」ハロがバレーボールに? 創業100年を超えるボールメーカー・ミカサとコラボ

『機動戦士ガンダム』と球技用ボールメーカー・ミカサがコラボレーションした「ハロボール」の発売が決定した。マスコットキャラクター・ハロをバレーボールで表現した注目アイテムとなっている。

ニュース
「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
  • 「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
  • 「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
  • 「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
  • 「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
  • 「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
『機動戦士ガンダム』と球技用ボールメーカー・ミカサがコラボレーションした「ハロボール」の発売が決定した。マスコットキャラクター・ハロをバレーボールで表現した注目アイテムだ。

ミカサは創業100年を越えるボールメーカーであり、とくにバレーボールの公式球を手がけていることで知られている。
『機動戦士ガンダム』とのコラボでは、ボールのパネルでハロを表現するという長年温めてきた企画にチャレンジ。国際公認球・MVA200の技術を用いてハロを作り上げた。

「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円
MVA200は8枚パネルで製造されており、パネル形状の設計には3次元CADを活用。球体を展開図にできるCADソフトを模索から作業が始まり、たった8枚のパネルで表現した愛らしいハロボールが完成した。
EVA素材の発砲度合いと鮮やかな色合いの性質を利用し、見た目にも柔らかさを感じられるデザインと優しい手ざわりを実現。もちろんカラーはグリーンで、後ろにはブランド名の「MIKASA」の文字が記されている。

「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA
『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円
クリアケースに入っているため、そのまま飾ることもできる。柔らかくても丸さを保ち、軽量で弾みの良いボールに仕上がった。
「ハロボール」は8月9日より順次発売。WEB発売は9月1日からを予定している。価格は3,800円(税抜)。

「『機動戦士ガンダム』ハロボール」3,800円(税抜)(C)創通・サンライズ(C)MIKASA

『機動戦士ガンダム』ハロボール
発売:2019年8月9日より順次発売
WEB発売:2019年9月1日より
価格:3,800円(税抜)
主な販売場所:ミカサオンラインショップ、アマゾンなど

(C)創通・サンライズ
(C)MIKASA
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集