「バースデー・ワンダーランド」原恵一監督が“初挑戦の本格ファンタジー”で伝えたかったことは?【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

「バースデー・ワンダーランド」原恵一監督が“初挑戦の本格ファンタジー”で伝えたかったことは?【インタビュー】

アニメーション映画『バースデー・ワンダーランド』より原恵一監督にインタビュー。キャリア初の本格ファンタジー作品にどのような心境で臨んだのか、本作に込めた思いを訊いた。

インタビュー
『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
4月26日にアニメーション映画『バースデー・ワンダーランド』が公開を迎える。

原作は柏葉幸子の児童文学『地下室からのふしぎな旅』(講談社青い鳥文庫)。
内気な少女・アカネが、誕生日前日に謎の大錬金術師・ヒポクラテスと、その弟子である小人のピポに導かれ、叔母のチィと共に現実世界とは異なる「幸せ色のワンダーランド」で繰り広げる冒険を描く。

監督を務めるのは、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』、『河童のクゥと夏休み』、『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』を手がけた原恵一。
キャリア初の本格ファンタジー作品にどのような心境で臨んだのか、本作に込めた思いを訊いた。
[取材・構成=山田幸彦]


■日本人にはない感性が生んだビジュアル


――『バースデー・ワンダーランド』は原監督のキャリアでは初となる本格的なファンタジー作品となりますが、どのようなご心境で取り組まれましたか?

:もともと、僕はファンタジー物にあまり興味がないほうなので、声が掛かったときは正直なところ不安もありました。
ただ、キャラクターがブレなければ、ファンタジーだろうがリアルなものだろうが楽しんでもらえる自信はありました。

映画作りで大切なことは「キャラクターを立たせること」だと常々思っていて、それは今回もブレずに上手くできたかなと思います。
やってみたら、どんどんファンタジーというジャンルの楽しさも感じるようになりました。


――今回、ロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブさんがキャラクターをはじめとするデザイン周りを手がけています。お仕事をご一緒されてみていかがでしたか?

:当初イリヤは、キャラクターデザインだけをお願いする予定でした。ところが彼はデザイン画であっても高い完成度を持つ一枚の絵に仕上げる力があったし、こちらが求めているものを言わずとも理解してくれる人ということがわかった。
それで制作が進む中で作品全体のビジュアルまでお願いすることになったんです。

もともと、この作品には日本人的でない発想が必要だと感じていたのもあって、イリヤにはロシアで育った彼の感覚を最大限に引き出してもらおうと思いました。
画面に映っているもの……景色、建物、メカ、家の中の家具、食器類、そのほぼ全てイリヤがデザインしたものです。見事に日本人のデザイナーからは出てこないものが出てきましたね。

――街のデザインにも関わられているのですね。

:絵コンテを進めながら、次の街はこういう感じで……と、具体的な地名を伝えたり、イメージに近い街の資料を見せたりして、それを元にイリヤが書き起こしていく流れでした。
彼は楽しんでくれたし、一緒に仕事をしているこちらも楽しかったですね。


――今作は物語中で“色”について言及されることが多いですが、色彩に関してはどのようなこだわりがあったのでしょう?

まずは多彩な街に関して色で変化を付けたいと思っていました。
現実世界を舞台にした作品だと、土地ごとに極端な色の差を出すのはなかなか難しいんです。そういったビジュアル的な冒険もできるのはファンタジーならではの魅力ですね。


――現実世界は基本的に寒々しい色を使われていますが、そんな中でアカネの家だけが色彩豊かなことなど、色に隠されている物語のヒントもありますよね。

:そのあたり劇中では何も説明していないんですけれど、映画って観た人がいろいろと想像するのも楽しさの一つだと思っています。
今回はいろいろ仕掛けたものはあるし、僕の中で設定は考えているのですが、あえてお客さんに想像してもらおうと思って作りました。

――余計な説明が省かれていたため、目の前に提示された風景やアクシデントをナチュラルに楽しむ、旅行のような鑑賞感がありましたね。

:今回、旅を通してアカネがものすごい濃密な経験をしたことで、冒頭までの彼女とは少し違う生き方をするんだろうな、ということをお客さんに感じてもらいたかったんです。
異世界と現実がくっきりと別れているのではなく、地続きなものとして思ってもらえるようなつくりにする……それが今回の一番の目標でした。


→次のページ:キャラが立てば、どんなジャンルも面白くなる
《山田幸彦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集