中国最大級の3Dアニメスタジオ「Kaca entertainment」、日本との連携強化へ 「ENJOY JAPAN」と提携 | アニメ!アニメ!

中国最大級の3Dアニメスタジオ「Kaca entertainment」、日本との連携強化へ 「ENJOY JAPAN」と提携

中国最大級の3Dアニメ製作スタジオ「Kaca entertainment」が、訪日中国人観光客向けの広告プロモーション・コンサルティングなどを手掛ける「ENJOY JAPAN」と、日本との連携を強化するために戦略的なパートナーシップ契約を締結した。

ニュース
左:ENJOY JAPAN 取締役 中山隆央/右:中国 Kaca entertainment 創業者・CEO 沈晨
  • 左:ENJOY JAPAN 取締役 中山隆央/右:中国 Kaca entertainment 創業者・CEO 沈晨
  • Kaca entertainment
テンセントグループ「閲文集団」が出資する中国最大級の3Dアニメ製作スタジオ「Kaca entertainment」が、訪日中国人観光客向けの広告プロモーション・コンサルティングなどを手掛ける「ENJOY JAPAN」と、日本との連携を強化するために戦略的なパートナーシップ契約を締結した。「ENJOY JAPAN」は今後、「Kaca entertainment」のために日本市場の窓口を担うことになる。

中国のアニメ市場の規模は2016年に約200億元に達するなど、急速に成長を続けている最中にある。同市場は製作・運営・関連商品などを含めた巨大な産業となっており、そこには出版、テレビ、映画、インターネットといった業界も関与している。

そんな市場の成長とともに、中国のアニメ製作力も急成長しているなかで、先進的な3Dの技術力を有する「Kaca entertainment」は日本の3Dアニメ製作力に着目。日本のアニメスタジオとの連携の強化を目的として、このたび「ENJOY JAPAN」と日本マーケットにおける戦略的パートナーシップ契約を締結することになった。

「Kaca entertainment」の沈晨CEOは、今回のパートナーシップ契約締結にあたって「今後は、日本との連携をさらに強化することで、さらに高いクオリティでの3Dアニメーション製作を目指します」とコメント。さらなる展開へ「企画立案・IP開発から美術・背景・撮影まで総合的なアニメーション製作として、成長・進化しつづけます」と意気込んだ。

「ENJOY JAPAN」は今後、中国法人である「Kaca entertainment」の日本市場への窓口を担当。交渉や翻訳・通訳業務をはじめ、各種契約の手続き支援、日本でのアライアンス先の紹介、出資などをワンストップで提供していくとしている。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集