よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中! 3ページ目 | アニメ!アニメ!

よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!

よしもとが今、”アニメプロデューサー”人材を募集している。何故よしもとがアニメプロデューサーを求めているのか、どのような事業展開があるのか、求める人材は? アニメ×よしもとのキーマンである天津・向清太郎、長崎行男、山田貢の3人に話を訊いた。

インタビュー
よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!
  • よしもとは今“アニメ”も熱い! 次世代のアニメ界を担うプロデューサーを募集中!

■よしもとはアニメ業界の「空き地」



――それでは、具体的にどういった人に入ってもらって何をしてもらいたいですか?。

山田
今回求めているのはプロデューサーといっても制作サイドのラインプロデューサーではなく、製作側の方のプロデューサーになります。そのためコンテンツビジネスに精通している方、委員会組成など製作幹事の経験のある方に来ていただきたいと思っています。



あと、熱を持っているというか、「アニメが好きな人」ということが分かりやすいと思います。アニメファンが何が好きで何をやったら「舐めてんな」と思われるのかを知っているのは、やはりアニメが好きな方ですので。
そういった判断ができる方は今よしもと内に絶対的に少ないので、「こんなのアニメが好きなら常識でしょ!?」というようなことを逐一説明しなくてもいい、そのターンが要らない人は本当に貴重です。

山田
「こんなアニメを実現したい」という思いや企画を持っている方だと有り難いです。実現したい企画がある方は情熱をもっていると思うので、どんどん作品を形にしていただきたいですね。
向さんもライトノベルを書いていますが、よしもとにはアニメ化できそうな本やネタを持っている芸人さんもいますし、彼ら自身もコンテンツだという要素もあります。そういったものをベースにアニメ化、ということもあり得ると思います。


雑な言い方になりますが、ちゃんと製作の知識があって人を口説き落とせる話術がある方なら、もう好きなことができると思いますよ。アニメ業界における空き地みたいなもんです。

山田長崎
(笑)


だってアニメの専門家は他にいないんですから。僕ら芸人もよしもとという場は共有しながら個人個人はそれぞれ好きなことをやってるので、その感じに近いんじゃないかと思います。


山田
逆に仕事を待っているタイプでは務まらないですね。

長崎
プロデューサーにもいろんな立場や業務がありますから、製作プロデューサーをやりたいという方にはチャンスですね。
具体例になりますが、若林豪さんというプロデューサーは自分で作品を作れる新天地を求めてアニプレックスに転職し『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を手がけました。当初この作品はアニプレックス内でもヒットするか疑問視されていたようですが、彼が積極的に企画を進め、見事にやり遂げました。
これは一例ですが、場所や業務内容を変えることで流れが全く変わることもありますから、次の選択肢の1つとしてよしもとを入れていただければいいのかな、と思います。


■「アニメを見るのが当たり前」の時代だからこそ



今の若い子は当たり前にアニメを見ていますよね。親戚の10歳から18歳くらいの従兄弟の子たちもこの前一緒に仕事をした四千頭身の3人も、深夜アニメ含めて普通にアニメを見ているんですよ。アニメはもうかつてのドラマや映画やバラエティ番組に並んだんだなと思います。
また、「アニ×ワラ」などのお客さんを見ていると、アニメファンとお笑いファンそれぞれ別のものが一つになったというよりは、元々アニメもお笑いも別け隔てなく好きという人が増えているように感じます。

長崎
最近の例ですが、お母さんに連れられて娘が『シティーハンター』を見に行った、見たら面白かったから親子一緒に楽しんだ、というような話も聞きました。


ドラゴンボール芸人のR藤本のネタで小さい子供が笑ってますからね。『シティーハンター』にしろ『ドラゴンボール』にしろ、いいアニメであれば世代に関係なく二代三代に渡って愛される時代なんですよね。

――アニメが一般化し誰もが愛するエンタテインメントになった時代だからこそ、エンタテインメントを事業の中核とするよしもとがそこに注力することもまた必然なのですね。


アニメとよしもとは食い合わせが悪い、と考える人もまだまだ多いです。ですがちゃんと双方のことが分かっている人が入ってくれればすごく面白いことになるはずなんです。誰もが愛する共通言語のようなアニメがよしもとから生まれる。それを実現に向けて前進させてくれる人が仲間になってくれるといいなと思います。

――そんなアニメが見られるのが今から楽しみです。ありがとうございました。

吉本興業 アニメ制作プロデューサー募集の詳細&エントリーはコチラ

《いしじまえいわ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集