Netflix、「スプリガン」アニメ化を発表! 新たに日本の大手アニメプロダクション3社と契約へ | アニメ!アニメ!

Netflix、「スプリガン」アニメ化を発表! 新たに日本の大手アニメプロダクション3社と契約へ

Netflixが、日本の大手アニメプロダクションであるアニマ、サブリメイション、デイヴィッドプロダクションの3社と包括的業務提携契約を締結すると発表した。全世界190カ国に向けたオリジナルアニメコンテンツの拡充に注力していく構えだ。

ニュース
NETFLIX
  • NETFLIX
Netflixが、日本の大手アニメプロダクションであるアニマ、サブリメイション、デイヴィッドプロダクションの3社と包括的業務提携契約を締結すると発表した。2018年に締結したプロダクションI.G、ボンズに続く同契約によって、全世界190カ国に向けたオリジナルアニメコンテンツの拡充に注力していく構えだ。

本提携により、アニマとはNetflixオリジナルの実写SFシリーズ『オルタード・カーボン: リスリーブド』のアニメ作品の制作が決定。さらに、サブリメイションとはカプコンの同名ゲームを元にした『ドラゴンズドグマ』、デイヴィッドプロダクションとは「少年サンデー」の同名マンガを原作とする『スプリガン』をそれぞれ制作していくことになった。

また、Netflixは2018年発表の包括的業務提携によって、プロダクションI.Gと『攻殻機動隊 SAC_2045』(2020年全世界独占配信)を制作しているが、今回新たに同社グループ会社のWIT STUDIOと『ヴァンパイヤ・イン・ザ・ガーデン』を制作することもわかった。
このほか、ボンズとは漫画家マーク・ミラーと共同制作者兼アーティストのレイニル・フランシス・ユーによるマンガ『スーパー・クルックス』のアニメシリーズ制作も決定した。

今回の提携に、アニマ・笹原晋也代表取締役は「自分たちの制作したコンテンツが全世界の人たちに見てもらえると思うと今からとてもワクワクします」とコメント。
サブリメイション・小石川淳代表取締役は「我々の得意とする、手書きのテイストを損なわないセルルックCGで、従来と一味違うアニメーション体験を世界のファンにお届けし、楽しんで頂ける事を願っております」と、全世界190カ国への発信に自信を見せる。

さらに、デイヴィッドプロダクション・梶田浩司代表取締役は「私達は作品毎ではなく長期的な視野で制作に取り組めるようになり、日本だけでなく海外のファンを視野に入れた作品の企画開発、様々な技術の開発や向上、映像表現へのチャレンジをするとても良い機会を得る事ができました」と、包括的業務提携によって生まれる制作環境に言及。

プロダクションI.G・石川光久代表取締役は「今までの多くの作品は日本のビジネスという枠組みの中で作られてきたものですが、Netflixとの包括的業務提携はその枠組みを超え、Production I.GとWIT STUDIOらしさが前面に出たコンテンツをどんどん世界へ送り出すきっかけになると思っています」と、今後の自社コンテンツの飛躍に期待する。
ボンズ・南雅彦代表取締役は「今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたいと思います」と意気込んだ。

包括的業務提携は、Netflix が業界内の優れたクリエイターと協働し、ハイクオリティなアニメ作品を制作することにおいて重要なパートナーシップとなる。Netflixはこのような提携によって優秀な人材を確保し、配信コンテンツの更なる強化を進めていくとしている。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集