いま“年の差百合”がアツい! 「わたてん」「うざメイド」「若おかみ」までムーブメントを振り返る | アニメ!アニメ!

いま“年の差百合”がアツい! 「わたてん」「うざメイド」「若おかみ」までムーブメントを振り返る

2018年は百合アニメが大豊作だった。中でも重要トピックは「年の差百合」。2018年の百合アニメムーブメントを振り返りつつ、“年の差百合”の魅力を考察する。

ニュース
『私に天使が舞い降りた!』キービジュアル(C)椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会(C)Nanatsu Mukunoki, Ichijinsha/Wataten Partners
  • 『私に天使が舞い降りた!』キービジュアル(C)椋木ななつ・一迅社/わたてん製作委員会(C)Nanatsu Mukunoki, Ichijinsha/Wataten Partners
  • TVアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』キービジュアル(C)Project Revue Starlight
  • TVアニメ『踏切時間』キービジュアル(C)里好・双葉社/「踏切時間」製作委員会
  • 『リズと青い鳥』(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • TVアニメ『ハッピーシュガーライフ』キービジュアル(C)鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会

■2018年は百合アニメが大豊作! ムーブメントを振り返る


なんだか知らんが最近、百合が熱いらしい。
「S-Fマガジン」の百合SF特集号がバカ売れして増刷に次ぐ増刷を重ねたと聞いたときは、何が起きたのかと思った。実際、何が起きとるのだろうか。誰かこの現象を解説してほしい。

さておき、今回の原稿はアニメに関するものです。アニメでも盛り上がってるのですよ、百合。そんな話をしたい。
つうか、2018年は大豊作だった。TVアニメだけを見ても、年明け早々に日本が誇る百合の専門誌「コミック百合姫」発のガチな百合アニメ『citrus』が放映され、年の最後は萌えの総本山「電撃大王」から飛び出したシュートな百合アニメ『やがて君になる』で幕を閉じるという、尋常ならざる事態。

あ、始まってる。百合アニメ、完全に始まってるわ。

「百合」を強く打ち出していないタイトルでも、『アイカツフレンズ』『キラッとプリ☆チャン』『ゲゲゲの鬼太郎(第6期)』『宇宙よりも遠い場所』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』『RELEASE THE SPYCE』『ゾンビランドサガ』『SSSS.GRIDMAN』などなど、百合回路を心に備えた者にとっては良質な燃料以外の何物でもないアニメが大量にあった。


『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』キービジュアル(C)Project Revue Starlight
念を押しますが、あくまでこのあたりのタイトルは「女の子がふたりキャッキャウフフしてたら、なんでも百合に見える」という不思議な心のレンズを持った人が見た場合にそう感じるというだけのことなんで、別に「百合」だと公式にうたっている作品ではありません。悪しからず。

あ、小品だけど『踏切時間』も良かったですね。ちなみに『スタァライト』では真矢クロ推し、『ゾンビランドサガ』では純愛推しです!(聞いてねえ)

映画まで広げれば、なんといっても『リズと青い鳥』。
観てない人、こんなコラム読んでる場合じゃない。いますぐなんらかの合法的手段で視聴すべき。「これが、ゆ、百合……」と魂で納得できる、超絶濃厚なアニメです。
これまた、別に公式には「百合」とかいってないですけど。


『リズと青い鳥』(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
……ってな感じで、ざっくりと2018年の百合アニメムーブメントを極私的見地から振り返ってきたけれども、詳しい方は何か足りないと思ってますね? わかってる、わかってる。安心してくださいよ。



→次のページ:重要トピックは「年の差百合」
《前田久》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集