Wake Up, Girls!、物語の舞台・仙台へ凱旋!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演レポート | アニメ!アニメ!

Wake Up, Girls!、物語の舞台・仙台へ凱旋!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演レポート

2月23日、声優ユニット・Wake Up, Girls!の「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演が、仙台プラザホール(宮城県仙台市)にて開催された。

イベント・レポート
Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • Wake Up, Girls!「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演
  • 「Wake Up, Girls! FINAL LIVE~想い出のパレード~」
2月23日、声優ユニット・Wake Up, Girls!の「FINAL TOUR - HOME -」宮城公演が、仙台プラザホール(宮城県仙台市)にて開催された。
仙台は『Wake Up, Girls!』の物語の舞台として、東北イオンのCMタイアップや東北楽天ゴールデンイーグルスとのコラボなど、様々な活動を行ってきた地にあたる。そんな仙台での凱旋公演ということもあり、会場には50基以上のフラワースタンドが立ち並ぶなど温かい公演となった。

昼公演は「少女交響曲」からスタート。イントロで「Wake Up, Girls!」というコールが会場に響きLIVEの始まりをつげる。
「素顔で KISS ME」「7 Girls War」などのハイテンションナンバーを披露したのち、「僕らのフロンティア」では会場のサイリウムが青一色からラストの田中美海のソロパートで一斉に黄色に。ファンも一体になって会場を盛り上げた。

企画コーナーは仙台出身の永野愛理が担当。流行曲の「U.S.A.」で得意のダンスを披露し、「タイトロープ ラナウェイ」「minority emotions」「ハートライン」とこれまで永野が振り付けを担当してきた曲をメンバーが歌唱していく。ラストには永野が自身のソロ曲「桜色クレッシェンド」を披露し、会場はピンク色のサイリウムで埋め尽くされた。
また、同曲とともにこれまで仙台で深くかかわってきた「東北楽天ゴールデンイーグルス」「奥州・仙台 おもてなし集団 伊達武将隊」「たびのレシピ」「喫茶ビジュウ」「元祖 仙台駄菓子本舗 熊谷屋」からのコメントムービーも流れ、聖地・仙台ならではの温かさが感じられる時間となった。

そしてLIVEはラストスパートへ。ラストアルバム「Wake Up, Best! MEMORIAL」に収録されている新曲「海そしてシャッター通り」は、仙台の街並みが歌われた楽曲ということもあり、より観客も聴き入っていた。
永野は「やっと仙台で歌うことができた」とトークし、涙するメンバーも。最後は「極上スマイル」で、FINAL TOURが様々な思いがあふれる中で締めくくられた。

Wake Up, Girls!は3月8日、いよいよ最後のライブとなる「Wake Up, Girls! FINAL LIVE~想い出のパレード~」をさいたまスーパーアリーナにて開催し、活動の幕を下ろす。

「Wake Up, Girls! FINAL LIVE~想い出のパレード~」
日時:2019年3月8日(金)開場17:30 開演18:30
※開場・開演時間は変更になる場合がございます。
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ
出演者:Wake Up, Girls!(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、 山下七海、奥野香耶、高木美佑)
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。出演者変更に伴うチケットの払戻しはいたしません。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集