i☆Ris&WUG&ランガ、ユニットの垣根を超えて大盛り上がり!“わぐりすらん”ライブレポ | アニメ!アニメ!

i☆Ris&WUG&ランガ、ユニットの垣根を超えて大盛り上がり!“わぐりすらん”ライブレポ

2月2日、「i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019」が開催された。会場では3ユニットの計16人が、体と頭脳を駆使したバラエティコーナーとこの日限りのスペシャルライブを披露。昼夜あわせて約4000人の観客を大熱狂させた。

ニュース
i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
  • i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
2月2日、「i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019」が、千葉県松戸市・森のホール21にて開催された。会場では3ユニットの計16人が、体と頭脳を駆使したバラエティコーナーとこの日限りのスペシャルライブを披露。昼夜あわせて約4000人の観客を大熱狂させた。

同イベントは「i☆Ris & Wake Up, Girls!バレンタインLIVE!!」のタイトルで、i☆Ris(山北早紀・芹澤優・ 茜屋日海夏・若井友希・久保田未夢・澁谷梓希)とWake Up, Girls!(吉岡茉祐・永野愛理・田中美海・青山吉能・ 山下七海・奥野香耶・高木美佑)によるスペシャルイベントとして2016年から開催されているもの。
今年は2017年にデビューしたRun Girls, Run!(林鼓子・森嶋優花・厚木那奈美)も加わり、通称「わぐりすらん」として開催。レーベルメイトでもある3ユニットが集結する貴重な機会だけに、チケットも即日完売していた。

オープニングではi☆Risの山北が「大人の余裕を見せて挑みたい!」とデビュー7年目のキャリアを匂わせたほか、Wake Up, Girls!(以下:WUG)の青山は「きっと皆さんと戦う(この後のゲーム大会)こともあると思います…でも勝ちたいんです!!」との意気込みをコメント。Run Girls, Run!(以下:ランガ)の林は「緊張しすぎてお腹が痛いんですけど…この中では私たちが一番若いんで…(笑)」と先輩たちを挑発してスタートする。

イベント恒例のバラエティーコーナーではMCに鷲崎健を迎え、ランガの3人をそれぞれリーダーにした「チームあっちゃん」(厚木・芹澤・若井・吉岡・永野・青山)、「チームはやまる」(林・山北・澁谷・田中・奥野)、「チームもっちー」(森嶋・茜屋・久保田・山下・高木)でチーム対抗ミニゲーム大会が開催された。

チームで一つの答えを目指す「6文字クイズ」、緊張感ただよう「爆弾山手線ゲーム」と続くなか、一番の盛り上がりを見せたのはお題の告白シチュエーションに沿って即興劇を行う「告白エチュード」だ。

「チームあっちゃん」の吉岡(WUG)と厚木(ランガ)による“会社の上司と部下、残業で二人きりの社内で告白”という即興劇では、吉岡が女性上司、厚木が新人男性社員を熱演。吉岡が「君、いい匂いするね?私、好きだな…その匂い…。家に来る?」と積極的に厚木を翻弄し、これには他メンバーからも黄色い歓声があがるなど大盛り上がり。
最終的にも「チームあっちゃん」が優勝となり、商品の「叙々苑お食事券5万円」を獲得した。

そしてライブパートでは、まずi☆Risが登場。WUGとの最後のライブということで、WUGのイメージカラー「緑」をテーマに全員が緑の衣装(メンバー山北の歴代のライブ衣装)を着用しており、これには会場から大きな歓声があがる。
久保田は「WUGちゃんのことが好きすぎて、全員緑の衣装を着てきちゃいました~」とWUG愛を語り、「幻想曲WONDERLAND」や「Make it!」など盛り上がり必須のナンバーを立て続けに披露。『グリムノーツ The Animation』のEDテーマである新曲「Endless Notes」ではポップでキュートな印象から一転、大人の魅力を感じさせる優雅なダンスも見せつけた。

ランガのライブパートは、メンバーがメインキャストとしても出演している『キラッとプリ☆チャン』の主題歌で幕開け。林は「去年は客席で見ていましたが、今年は先輩方と一緒にライブをすることができて、バラエティコーナーでは成長する機会を頂いて(笑)本当にありがとうございます!まだまだ全力で楽しみましょう!」と、改めてイベントに参加できた嬉しさを述べる。
続いて『ガーリー・エアフォース』のOPテーマ「Break the Blue!!」、デビュー曲「カケル×カケル」も披露。初参加ながらも堂々としたパフォーマンスで客席を笑顔に包んだ。

トリを務めるWUGは、季節を意識したレアな選曲「ゆき模様 恋のもよう」で登場。青山は「先輩だから、言いづらいけど…i☆Risさんにもランガちゃんにも負けないライブをするぞー!」と観客とのコール&レスポンスを楽しみ、吉岡は「最後のわぐりすらん、私たちのラストを感じ取ってください」と呼び掛ける。
新曲「土曜日のフライト」で会場に温かな空気をもたらしたあとは、はち切れんばかりのコールとWUGのメンバーカラーで埋め尽くされる人気曲「少女交響曲」をおくった。

ライブのラストには、WUGの「極上スマイル」を3ユニットの全員で歌唱するサプライズパフォーマンスを実施。総勢16名がステージを縦横無尽に駆け巡り、この日しか見ることができないスペシャルなコラボレーションで締めくくった。
ライブ終了後には、i☆Risの澁谷が「このイベントの第1回目の時は、WUGのみんながi☆Risを怖がっていた(笑)んですが、4回目を迎え、RGRのメンバーも加わり、みんなで楽しく過ごせたのが印象的でした!ありがとうございました!」とトーク。イベント当初の思い出とともに観客への感謝を語り、バレンタインライブの幕が閉じられた。

i☆Ris & Wake Up, Girls!& Run Girls, Run!バレンタインLive 2019「わぐりすらん」
<会場>松戸・森のホール21 大ホール
<日程>2019年2月2日(土)
<出演者>
i☆Ris(山北早紀、芹澤優、茜屋日海夏、若井友希、久保田未夢、澁谷梓希)
Wake Up, Girls!(吉岡茉祐 永野愛理 田中美海 青山吉能 山下七海 奥野香耶 高木美佑)
Run Girls, Run!(林鼓子、森嶋優花、厚木那奈美)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集