“マンガの映画化”に特化したトークショー&ワークショップ開催 「ロス:タイム:ライフ」筧昌也監督が登壇 | アニメ!アニメ!

“マンガの映画化”に特化したトークショー&ワークショップ開催 「ロス:タイム:ライフ」筧昌也監督が登壇

「シナリオランド」による「漫画と映画 ~漫画を映画化、ドラマ化するってどんなコト?~」の開催が決定した。『ロス:タイム:ライフ』などで知られながら漫画家としての顔も持つ筧昌也監督をゲストに迎え、トークショーとワークショップが実施される。

ニュース
シナリオランド
  • シナリオランド
  • 筧昌也監督
  • 筧昌也監督
コウダテが運営する“アニメ・特撮に強い”シナリオを中心としたオンラインサロン「シナリオランド」にて、2019年1月20日に「漫画と映画 ~漫画を映画化、ドラマ化するってどんなコト?~」の開催が決定した。
連続ドラマ『ロス:タイム:ライフ』などで知られながら漫画家としての顔も持つ筧昌也監督をゲストに迎え、トークショーとワークショップが実施される。

日本の映像作品の原作は多くがマンガだが、必ずしも映像化に成功するわけではない。マンガは空間芸術であり、映画は時間芸術であるためイコールではないからだ。
このたびの「漫画と映画 ~漫画を映画化、ドラマ化するってどんなコト?~」は、マンガと映像作品のメディアの違い、そして筧監督の創作術について、トークショーとワークショップを通して学ぶものとなる。

当日の会場では、板羽皆のマンガを実写映画化した『トラさん~僕が猫になったワケ~』(2019年2月15日ロードショー)の公開を控える筧監督がトーク。ワークショップでは、『パフューマン』で第68回ちばてつや賞の佳作を受賞している筧監督のマンガ作品を題材に、「シナリオランド」会員から募った脚本を講評していく。

「漫画と映画 ~漫画を映画化、ドラマ化するってどんなコト?~」は2019年1月20日、東京都千代田区のインプレスグループセミナールームにて開催予定。月額1,800円の「シナリオランド」会員になれば、今回だけでなく今後のイベントにも参加できる。
スポット参加は2,500円(税込)で、「Peatix」にて2019年1月17日まで受付中だ。

「漫画と映画 ~漫画を映画化、ドラマ化するってどんなコト?~」
日時:2019年1月20日(日)
   開場13:30 開始14:00 終了16:00頃
※イベント開始後30分以降はご入場できませんので、予めご了承下さい
場所:インプレスグループ セミナールーム
参加方法:
以下2つの方法のうち、どちらかをお選び頂き、ご参加下さい。
(1)「シナリオランド」の会員になり、参加する。
・月額料金:1800円(税込)
・イベントの参加は、今回に限らず今後も会員無料です。
・オンライン上で交流もできます。
(2)今回のイベントのみスポット参加する。
・スポット料金:2500円(税込)
・Peatixから参加の手続きをお願いします。
※参加締め切り:2019年1月17日(木) 18:00まで
※イベントについては、応募状況により早期に締め切る場合がございます。

[アニメ!アニメ! ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集