アニメ映画「スパイダーマン」宮野真守が語る予告公開! 主題歌はTK from 凛として時雨 | アニメ!アニメ!

アニメ映画「スパイダーマン」宮野真守が語る予告公開! 主題歌はTK from 凛として時雨

アニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(日本公開:2019年3月8日)より日本版の最新予告が到着。さらに日本語吹替版の主題歌を、ハリウッド映画初タイアップとなるTK from 凛として時雨が手掛けることも決定した。

ニュース
『スパイダーマン:スパイダーバース』
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』
  • TK from 凛として時雨
アニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(日本公開:2019年3月8日)より日本版の最新予告が到着。さらに日本語吹替版の主題歌を、ハリウッド映画初タイアップとなるTK from 凛として時雨が手掛けることも決定した。

『スパイダーマン:スパイダーバース』では、時空が歪められたことによって異なる次元のスパイダーマンたちが集結した世界を舞台にストーリーが展開していく。
予告の冒頭で語るのは長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカー(声:宮野真守)だが、物語の主人公はマイルス・モラレス(声:小野賢章)だ。


ニューヨーク・ブルックリンの名門私立校に通うマイルスはスパイダーマンだが、まだその力をうまくコントロ ールできずにいる。
そんな中、時空が何者かによって歪められる危機に直面したことで、マイルスは一人前のスパイダーマンになるべくピーターに師事。そして時空の歪みにより、女性スパイダーマンのスパイダーグウェン(声:悠木碧)もマイルスの世界にやってくることになる。

さらに日本語吹替版の主題歌は、今回がハリウッド映画初タッグとなるTK from 凛として時雨の「P.S. RED I(ピーエスレッドアイ)」に決定した。

TKは書き下ろした新曲「P.S. RED I」について、「ごく普通の少年が抱いている葛藤やコンプレックス……そういったものをちゃんと自分の中にある葛藤と結びつけて、それをどれだけスパイダーマンの世界と繋げられるか、ということと、言葉遊びなどで疾走感を出したり、その中にメッセージを込めるというところをすごく意識しました」と解説。
さらにファンに向けて「今回スパイダーマンということで、僕もニューヨークへ行ってレコーディングをしてきましたので、その空気感をあわせて感じてもらえたら嬉しいなと思います」と呼び掛けた。

『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日より全国ロードショー。

『スパイダーマン:スパイダーバース』
2019年3月8日(金)全国ロードショー
(原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse 全米公開:12月14日)
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集