“シニアにとってのヒーロー”といえば? 仮面ライダー、ウルトラセブン、アトムを抑えた1位は…? | アニメ!アニメ!

“シニアにとってのヒーロー”といえば? 仮面ライダー、ウルトラセブン、アトムを抑えた1位は…?

ソニー生命保険による「シニアの生活意識調査2018」内で、「シニアにとってのヒーロー」のアンケート結果が発表された。1位に輝いたのは「ウルトラマン」で、このほか「仮面ライダー」「月光仮面」「アトム」「ウルトラセブン」といったキャラクターがトップ10に名を連ねた。

ニュース
「シニアの生活意識調査2018」内「自分にとってのヒーロー」
  • 「シニアの生活意識調査2018」内「自分にとってのヒーロー」
ソニー生命保険による「シニアの生活意識調査2018」内で、「シニアにとってのヒーロー」のアンケート結果が発表された。1位に輝いたのは「ウルトラマン」で、このほか「仮面ライダー」「月光仮面」「アトム」「ウルトラセブン」といったキャラクターがトップ10に名を連ねた。

同調査は全国のシニア世代(50~79歳)の男女に対して、インターネットリサーチで実施されたもの。「シニアの楽しみ」「シニアと家族の関係」「シニアの就労意向と学び直し意向」「シニアのスマホ利用」「シニアが選んだ ○○ランキング」などに関する設問が用意され、男女500名づつの合計1,000名から有効サンプルが集計された。

このうち「自分にとってのヒーロー」では、1位が「ウルトラマン」、2位が「長嶋茂雄」、3位が「父親」という結果に。円谷プロを代表する特撮ヒーローが、ミスタープロ野球と、背中を見て育った存在を抑える形となった。

このほか上位では、4位に「仮面ライダー」、6位に「月光仮面」、同率9位に「アトム」と「ウルトラセブン」がランクイン。さらに女性ランキングでは、「アンパンマン」が同率3位に飛び込んでいる。
シニア世代にとっても、慣れ親しんできた特撮やアニメのキャラクターは大きな存在のようだ。

「シニアの生活意識調査2018」
調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする全国の50~79歳の男女
調査期間:2018年10月5日~10月9日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル(有効回答から性別×年代区分が均等になるように抽出)
      (内訳)
      男性500名:50代250名/60代・70代250名
      女性500名:50代250名/60代・70代250名
調査協力会社:ネットエイジア株式会社
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集