「幼女戦記」のカルロ・ゼン最新作が連載開始!“テロとカルト”の真実が暴かれる!? | アニメ!アニメ!

「幼女戦記」のカルロ・ゼン最新作が連載開始!“テロとカルト”の真実が暴かれる!?

『幼女戦記』で知られるカルロ・ゼンが原作を担当するコミック最新作『テロール教授の怪しい授業』が、「コミックDAYS」で連載スタート。

ニュース
漫画『テロール教授の怪しい授業』
  • 漫画『テロール教授の怪しい授業』
『幼女戦記』で知られるカルロ・ゼンが原作を担当するコミック最新作『テロール教授の怪しい授業』が、「コミックDAYS」で連載スタート。「テロリズムとは何か?」「日常に潜むテロの根っことは?」テロ教授が教える、“知るのは怖い、知らないのはもっと怖い”「テロとカルト」の真実が描かれる。

本作は原作をカルロ・ゼン、漫画を石田点が担当するコミック。
泣く子も黙るローレンツ・ゼミは、脱落=テロリスト認定。今年もそうとは知らない学生たちが集まり、“テロリスト予備軍”として恐ろしすぎる授業を受けることになるが……。

今までメディアで語られてきたテロ論は全部ウソとし、テロ教授が「そもそもテロリズムとは何か?」「日常に潜むテロの根っことは?」を明かす。

『テロール教授の怪しい授業』は、「コミックDAYS」にて連載中。
《MoA》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集