「この世界の片隅に」片渕須直監督ら制作陣が再集結!“戦後の広島”舞台のWEBアニメ公開 | アニメ!アニメ!

「この世界の片隅に」片渕須直監督ら制作陣が再集結!“戦後の広島”舞台のWEBアニメ公開

アニメ映画『この世界の片隅に』の制作陣が再集結したWEBアニメ『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』のその1が、“お好み焼きの日”の10月10日よりオタフクソースYouTube公式アカウントにて公開された。

ニュース
『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』その1
  • 『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』その1
  • オオタフクコ
  • 片渕須直
  • コトリンゴ
  • 尾身美詞
アニメ映画『この世界の片隅に』の制作陣が再集結したWEBアニメ『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』のその1が、“お好み焼きの日”の10月10日よりオタフクソースYouTube公式アカウントにて公開された。


『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』その1は、1028歳の主人公・オオタフクコが戦後の広島で出会った「一銭洋食」を通じて、小さな幸せと笑顔の輪を広げていく……というストーリー。一緒に鉄板を囲んだ人たちとの触れ合いが、コミカルかつほのぼのとした世界観とともに描かれている。

オタフクソースの新コーポレートスローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」を訴求するための作品で、制作には監督・脚本の片渕須直をはじめとする『この世界の片隅に』を手掛けた豪華メンバーが参加。キャラクター原案はこうの史代、音楽はコトリンゴ、アニメーションはMAPPAが担当し、主人公の声は『この世界の片隅に』の径子役・尾身美詞が演じた。

オオタフクコ
片渕監督は、本作品のストーリーや世界観が生まれた経緯について「オタフクソースさんから最初に今回のテーマを伺った時、『時の流れ』のようなものを描くことになるのかなと思い、広島出身のこうの史代さんに相談したところ、彼女が連載する作品(1コママンガ『百一 hyakuichi』)の主人公がたまたま『おたふく』をモチーフにしていて。しかも年齢が1028歳で、まさに時の流れをそのまま象徴している」と紹介。

片渕須直片渕須直
「『この世界の片隅に』が戦前から終戦直後を描いた物語なので、その辺りの時代から始まって、現代につながるような話になると、より興味深い作品になるんじゃないかと思いました」との狙いを語り、見どころについて「ただ、お好み焼きが好きで、行く先々で焼いていたら、いつの間にか立派なことをやっていて、世界中のいろんな人の役に立っていたという、オオタフクコさんの人間像、生き方をぜひ見ていただきたいですね」とアピールしている。

『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』その1は、YouTube「オタフクソース」アカウントにて公開中。その2は11月上旬、その3は12月上旬からの公開を予定しており、時代と国境を越えて旅するオオタフクコが描かれるという。

『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』その1
公開日:2018年10月10日(水)10:00~
公開先:オタフクソースYouTube公式アカウント 
制作スタッフ:監督・脚本 片渕須直
       キャラクター原案 こうの史代
       音楽 コトリンゴ
       声優 尾身美詞/オオタフクコ
       アニメーション制作 MAPPA
今後の予定:その2は11月上旬より、その3は12月上旬より公開予定
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集