「どろろ」第1弾ビジュアル&最新PV公開! 声優初挑戦の舞台俳優・鈴木拡樹が百鬼丸役に | アニメ!アニメ!

「どろろ」第1弾ビジュアル&最新PV公開! 声優初挑戦の舞台俳優・鈴木拡樹が百鬼丸役に

手塚治虫の“未完の傑作”を原作とするTVアニメ『どろろ』の第1弾キービジュアル&最新PVが公開され、放送開始予定が2019年1月であることも発表。さらに今回、百鬼丸役として鈴木拡樹、どろろ役として鈴木梨央の出演も決定となった。

ニュース
TVアニメ『どろろ』第1弾キービジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』第1弾キービジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面写真(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面写真(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面写真(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面写真(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面写真(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面写真(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『どろろ』場面写真(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
手塚治虫の“未完の傑作”を原作とするTVアニメ『どろろ』の第1弾キービジュアル&最新PVが公開され、放送開始予定が2019年1月であることも発表。さらに今回、百鬼丸役として鈴木拡樹、どろろ役として鈴木梨央の出演も決定となった。

物語は戦国時代、醍醐の国の主・景光が“生まれる前の我が子”の身体と引き換えに、領土の繁栄を12体の鬼神像に願ったことから始まる。
その後生まれてきた世継ぎは、身体のあちこちが欠けており、忌み子としてそのまま川に流され捨てられてしまうが、鬼神は景光との約定を果たし国に平安が訪れた。
時が流れたある日、幼い盗賊“どろろ”は、両腕に刀を仕込む全身作り物の男“百鬼丸”と出会い……。


今回、第1弾キービジュアルと最新PVと共にメインキャストも発表となった。
百鬼丸役は、舞台を中心に活動し、本作でTVアニメ声優初挑戦となる鈴木拡樹。「手塚治虫先生の名作に関わる事が出来てとても光栄に思います。百鬼丸を演じるにあたり、どろろとの関係構築、バディー感を大切に演じたいと考えています」と演技プランを明かし、「自身にとってTVアニメの声優は初挑戦になりますが、チームスタッフの皆様のお力もお借りして視聴者の皆様に最高の作品をお届けします」と意気込みを語る。

どろろ役は、新世代の女優として注目を集める鈴木梨央。「手塚治虫さんの有名な作品『どろろ』しかもどろろ役で出演できるとわかった時は言葉にならない喜びがこみ上げてきて感慨深いものがありました」と、出演が決まった際を振り返り、「アニメの原画を見せて頂いたのですが凄く可愛くて演じるのがとても楽しみです。どろろは難しい役どころですが、百鬼丸さんにもお力を借りて私らしいどろろを演じることができたらなぁ。と、思います」とコメントを寄せた。

また、謎の盲目の法師“琵琶丸”として佐々木睦、ナレーションとして麦人の出演も発表。さらに『どろろ』の舞台化も決定し、TVアニメと同じく鈴木拡樹が百鬼丸役を演じることとなっている。
TVアニメ『どろろ』は2019年1月放送開始予定。

<スタッフ>
原作:手塚治虫「どろろ」
監督:古橋一浩
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:岩瀧智
音楽:池頼広
アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション
製作:ツインエンジン
<キャスト>
百鬼丸:鈴木拡樹 どろろ:鈴木梨央
琵琶丸:佐々木睦 ナレーション:麦人


(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
《小野瀬太一朗》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集