最も見られた“2019年春アニメ”は?【中間速報版】レグザ視聴データから性別・年齢別にランキング | アニメ!アニメ!

最も見られた“2019年春アニメ”は?【中間速報版】レグザ視聴データから性別・年齢別にランキング

2019年春に放送スタートした数々のアニメ作品。人気作・話題作が数多く登場し、その多くがついに最終回を迎えました。

ニュース
「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 「鬼滅の刃」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
  • 「『進撃の巨人』Season 3 Part.2」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
  • 「MIX」(C)あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro
  • 「どろろ」(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
  • TVアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』キービジュアル(C)創通・サンライズ
  • 「フルーツバスケット」(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
  • 最も見られた“2019年春アニメ”は?【中間速報版】レグザ視聴データから性別・年齢別にランキング
  • 「盾の勇者の成り上がり」(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
2019年春に放送スタートした数々のアニメ作品。人気作・話題作が数多く登場し、その多くがついに最終回を迎えました。

そんな中で、客観的に見てどの作品が「多くの人に見られた作品」だったのでしょう?

アニメ!アニメ!では、東芝製TV・REGZA(レグザ)の視聴データ約21万件を元に2019年春にスタートしたTVアニメの視聴動向を調査し、どの作品が多くの人に見られたのかを調べました。

今回は【速報版】ということで、クールの真ん中辺りの時点での結果をベスト10形式でレポートします。
データが出揃った【最終版】は後日改めて発表しますので、今回は途中経過の様子を見てみましょう。

■調査方法
対象地域:東京都・神奈川県・埼玉県内に設置の受像機 21万2,561台
対象チャンネル:地デジ8チャンネル(NHK、NHK Eテレ、日テレ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京、MX)
対象作品:38作品 ※14分以下の作品および長期シリーズは除く
対象期間:2019年4月1日~5月16日 (6話目終了前後、作品によって話数は異なる)
カウント方法:番組放送時間の1/3以上をリアルタイムまたは録画にて視聴した時点でカウント


■[2019年春アニメ、見られた作品] 全体ベスト10



1位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
2位 『ワンパンマン』
3位 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
4位 『盾の勇者の成り上がり』
5位 『鬼滅の刃』
6位 『賢者の孫』
7位 『MIX』
8位 『どろろ』
9位 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』
10位 『フルーツバスケット』


■傾向・マンガ原作シリーズもの人気強し! 経過は順当か?


上位3作品が人気マンガ原作かつシリーズものという、非常に順当な結果になりました。今回の調査対象である春アニメ38作品のうち、約60パーセント近くにあたる21作品がマンガ原作作品なのですが、上位3作品だけでなくベスト10のうち8作品がマンガ原作であるところからも、マンガ原作アニメの人気の強さが色濃く出ています。

一方、マンガ原作ではない『盾の勇者の成り上がり』『賢者の孫』はある意味ダークホース的存在と言えるでしょう。

『盾の勇者の成り上がり』(C)2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

『賢者の孫』(C)2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

両作品には共に「小説家になろう」発の異世界転生ものでかつKADOKAWAレーベルから書籍化、マンガ化しているという共通点があります。原作メディアとしてマンガに続いて人気なのがライトノベルやゲームなどではなく「なろう」であるというのは興味深い結果です。

以上のように、今回のクール半ばでの集計ではマンガ原作が強いという結果になりました。最終結果ではアニメオリジナル作品やゲーム原作、ライトノベル原作などの作品が順位を上げていくのか否かが気になるところです。

以下、性別・年代別ランキングもトップ5までご紹介します。

■男性20歳~34歳 ベスト5


1位 『ワンパンマン』
2位 『盾の勇者の成り上がり』
3位 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
4位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
5位 『鬼滅の刃』

■男性35歳~49歳 ベスト5


1位 『盾の勇者の成り上がり』
2位 『ワンパンマン』
3位 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
4位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
5位 『賢者の孫』

■男性50歳~ ベスト5


1位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
2位 『ワンパンマン』
3位 『盾の勇者の成り上がり』
4位 『賢者の孫』
5位 『どろろ』

■女性20歳~34歳 ベスト5


1位 『フルーツバスケット』
2位 『鬼滅の刃』
3位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
4位 『ワンパンマン』
5位 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』

■女性35歳~49歳 ベスト5


1位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
2位 『フルーツバスケット』
3位 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
4位 『ワンパンマン』
5位 『MIX』

■女性50歳~ ベスト5


1位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
2位 『MIX』
3位 『鬼滅の刃』
4位 『真夜中のオカルト公務員』
5位 『どろろ』

■13歳~19歳男女 ベスト5


1位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
2位 『ワンパンマン』
3位 『鬼滅の刃』
4位 『盾の勇者の成り上がり』
5位 『ぼくたちは勉強ができない』


概ね全体ランキングに似た傾向になっていますが、女性20歳~34歳で1位の『フルーツバスケット』や、50歳以上男女共に5位の『どろろ』、50歳以上女性で4位の 『真夜中のオカルト公務員』、13歳~19歳男女5位の 『ぼくたちは勉強ができない』など、一部に属性特有の傾向が見られます。
特に若年層ランキングでは5作品中3作品がジャンプ関連メディアで現在連載中の作品となっており、「少年に強いジャンプ」という姿が伺える結果になりました。

「『進撃の巨人』Season 3 Part.2」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

参考・[2019年春アニメ、“いま”一番推せる作品は?]


4月下旬にアニメ!アニメ!が行ったWebアンケートの結果も改めてご紹介します。

【関連記事】2019年春アニメ、“いま”一番推せる作品は? 3位「文スト」、2位「鬼滅の刃」、1位は…

1位 『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』
2位 『鬼滅の刃』
3位 『文豪ストレイドッグス(第3シーズン)』
4位 『RobiHachi』
5位 『フルーツバスケット』
6位 『キャロル&チューズデイ』
7位 『ひとりぼっちの○○生活』
8位 『進撃の巨人 Season 3 Part.2』
9位 『異世界かるてっと』
10位 『さらざんまい』
10位 『川柳少女』
10位 『ダイヤのA act II』


こちらでは『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』が1位と上記のアンケート結果と結果が大きく異なっています。また、高松信司監督の『RobiHachi』、渡辺信一郎総監督の『キャロル&チューズデイ』、幾原邦彦監督の『さらざんまい』など、実力派アニメ監督による完全新作の評価が高いのも目立ちます。
アニメファンの中でもネットを活用に長けたみなさんは、『KING OF PRISM』のようなファン活動が非常にアクティブな作品や、作家性が強く先の読めないアニメオリジナル作品を好む傾向があるようです。

以上、【速報版】のランキングをお届けしました。データが出揃った【最終版】は後日改めて発表予定です。こちらもお楽しみにください!

アニメ!アニメ!では、記事で紹介したデータをはじめとしたテレビアニメ視聴データの販売を行っております。
最新の案内資料のお求めや、お打ち合わせをご希望の方は下記からご連絡ください。
>アニメ!アニメ!問い合わせフォーム
《いしじまえいわ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集