豊島区の魅力を“ロトスコープ”アニメーションで伝える! 山下敦弘&久野遥子がプロモ映像を制作 | アニメ!アニメ!

豊島区の魅力を“ロトスコープ”アニメーションで伝える! 山下敦弘&久野遥子がプロモ映像を制作

「東アジア文化都市2019」の豊島区が、区の魅力をアニメーションで伝えるプロモーション映像制作を決定した。実写を元にした「ロトスコープ」アニメーションは、実写映像を『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘氏、アニメーションを『宝石の国』の久野遥子が担当する。

ニュース
「東アジア文化都市2019豊島」山下敦弘、久野遥子アーティスト写真
  • 「東アジア文化都市2019豊島」山下敦弘、久野遥子アーティスト写真
「東アジア文化都市2019」の国内都市に選定された東京都豊島区が、区の魅力をアニメーションで伝えるプロモーション映像制作を決定した。実写を元にした「ロトスコープ」アニメーションは、実写映像を『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘氏、アニメーションを『宝石の国』の久野遥子氏が担当する。

「東アジア文化都市」とは日本・中国・韓国の3か国において、現代の芸術文化や伝統文化、多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベントなどを実施するもの。東アジア域内の相互理解、連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指している。
豊島区では「舞台芸術」「マンガ・アニメ」「祭事・芸能」を柱として、新規事業や文化交流を池袋エリアを中心に展開する予定としており、2019年2月1日に開幕式典、同年11月24日に閉幕式典を行う見通しだ。

このたび制作が決定したプロモーション映像は、豊島区在住の少女がある出来事をきっかけに、区の歴史と様々な魅力を発見していくというストーリー。制作には実写を元にしたアニメーションの手法「ロトスコープ」が採用される。

実写映像は、女子高生がバンドを組む青春映画『リンダ リンダ リンダ』のスマッシュヒットで知られ、11月23日に最新作『ハード・コア』の公開を控える映画監督の山下氏が担当。山下氏は「主人公の小さな女の子“しま子”が何気ない日常の風景でさえ輝いて見えることを知っていく今回の物語は、当たり前の風景だと感じてしまっている豊島区民の人にこそ観て欲しいです」との意気込みを寄せている。

そしてアニメーションは、岩井俊二監督作品『花とアリス殺人事件』のアニメーションディレクターで、TVアニメ『宝石の国』にも参加した久野氏が手掛ける。久野氏からは「実写を撮影する中でカメラに残るであろう山下監督の目線や街の息遣い、人々のディティールを一つ残らずアニメーションに反映できるよう力一杯がんばります」とのコメントが届いた。

プロモーション映像は11月開催の「東アジア文化都市2019豊島」シンポジウムにて、本事業の詳細発表とともに初お披露目される予定だ。

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集