「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー 2ページ目 | アニメ!アニメ!

「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー

2018年7月より放送スタートするTVアニメ『京都寺町三条のホームズ』より真城葵役の富田美憂さんにインタビュー。本作の見どころや演じるキャラクターとご自身との共通点、さらに骨董品店を舞台とした本作にちなんで、富田さんが好きで集めているコレクション品も訊いた。

インタビュー
「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー
  • 「京都寺町三条のホームズ」富田美憂が好きでコレクションしているモノは? 意外な素顔に迫ったインタビュー

■アフレコ現場も京都色強め?


――アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

富田
ほんとなごやかな感じです。男性の方が多い現場なんですけど、気兼ねなく話してくださいますし、皆さん先輩方なので、本当に毎回勉強させていただきながら収録に臨んでいます。
また、円生役の遊佐(浩二)さんをはじめ、京都出身の方が多い現場なんです。なのでよく地元トークで盛り上がっています(笑)。

――具体的にどんな話題が出るんですか?

富田
作中でも、貴船の川床や下鴨神社など、京都の観光地がよく出てきますが、遊佐さんが「実際にはこういうところだよ」と細かく教えてくださって。なのでどんどん京都の知識が得られるような現場になっています(笑)。

あと、「みんなでいいものを作り上げていこう」という想いに溢れた現場で、とくに石川界人さんは、「OKテイクもらっていますが、もう1回やらせてもらえませんか?」と納得いかない部分を録り直したりと、そういうことを気兼ねなく言えるような雰囲気がいいですね。


――ストーリーが進むごとに仲良くなっていく葵とホームズですが、演じられる富田さんと石川さんご自身の関係性はどうでしょう?

富田
石川さんとは今回が初めての共演なんです。PV収録の際に初めてお会いしたんですけど、初対面の人となかなかと話せない人見知りの私に、いろいろと話題を振ってくださったりして、とても優しい先輩だなって思いました。
年齢差もホームズと葵と同じぐらいで、最近は冗談も言えるぐらいの仲になりました!(笑)。

■葵の「良い目」ならぬ「良い舌」を持っている?


――今回の配役が発表されたとき、Twitterで声優以外になれるとしたら「探偵の助手」になりたいという話をされていました。なぜ探偵の助手になりたいのでしょう?
富田
小さい頃、家の近くに小さい探偵事務所があったんですよね。毎日その前を通っていたので、「なんか探偵ってカッコいいな」とふんわりと思っていたんです。

――小さいころ、探偵が実際にどんなことをしている職業か想像つきました?

富田
犯人を逮捕したりと事件を本格的に解決するのが警察で、探偵はただただ尾行をしているイメージがありました。それって、すごく楽しそうだなと。不倫の調査とかしてみたいです(笑)。


――(笑)。ちなみに本作のキャストのなかで「尾行してこの人の私生活を知りたいな」という方はいますか?

富田
石川さんかな……。飄々としていながら、明るくハジける一面もあって、この人どういう生活を送ってるんだろうと気になります!
今のところ、私の中で石川さんは、“栄養素に詳しい人”みたいなイメージがあって(笑)。「これはたんぱく質が多い」とか「こっちは糖質が多い」と解説してくださったことがあったんです。どんな食生活を送っているのか覗いてみたい(笑)。

――舞台である京都の魅力がよく伝わってくる作品ですが、京都の好きなところはありますか?

富田
中学の頃に、修学旅行で一度だけ京都に行ったことがあるんですけど、町並みが風情があってとても素敵でした。
あと、観光客で賑わっていて、とくに外国の方が多くてびっくりしました。地元の埼玉だと観光の外国の方とか見る機会があまりないので。

――京都の良さを語っていただきましたが、富田さんと葵の出身地である埼玉の魅力はありますか?

富田
なんだろう。う~ん……人があんまりごった返していないところ、ですかね(笑)。
あ、埼玉の川口に「太郎焼」というご当地グルメがあって、それはオススメです!
今川焼きにちょっと近いんですけど、小麦粉の生地の中に、あんこやカスタードが入っている食べ物なんです。遊佐さんも、以前イベントで川口にいらっしゃった際に食べたそうで、おいしいとおっしゃっていました。

でもやっぱり埼玉と比べると、京都には有名な食べ物や観光地がたくさんあって、羨ましいなーって思います!

――ちなみに本作のイベントなどで、今後京都に行く機会はあるんですか?

富田
はい、行きます!

――富田さんが京都で一番楽しみにしていることは何ですか。

富田
下鴨神社に行く予定なのですが、すごく楽しみです。あとは抹茶! 本格的に抹茶を点てて、飲んでみたいです。
ほかにも関東では普段見られないものや食べられないものがたくさんあると思うので、見て食べて、感じた空気感をアフレコにも反映できたらなと思っています。


――葵は作品の価値や贋作などを見分けられる「良い目」を持っていますが、富田さん自身の目利きといいますか、「これは見分けられるぞ」というモノはありますか?

富田
目利きとは違うかもしれませんが、わたし、ヨーグルトが好きで「利きヨーグルト」ができます! 例えば、同じメーカーのヨーグルトの中でも、これは「ブルガリア!」とかシリーズまで当てられます。

――それはすごいですね!

富田
ヨーグルトが好きで毎朝食べているうちに、だんだん分かるようになってきて、これは特技と言えるのではないだろうかと。
骨董品を見分ける良い目は持ってませんが、ヨーグルトに関しては良い舌を持っているかもしれません(笑)。
なのでヨーグルトがカギになる事件があれば、ぜひわたしに任せてください!
《松本翼》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集