「落語心中」岡田将生主演で実写化! 「銀魂」桂小太郎役に続く“CV.石田彰”担当が話題に | アニメ!アニメ!

「落語心中」岡田将生主演で実写化! 「銀魂」桂小太郎役に続く“CV.石田彰”担当が話題に

7月4日、昭和落語界の人間ドラマを描く『昭和元禄落語心中』が、岡田将生さん主演で実写ドラマ化されることが明らかになりました。Twitterでは「落語心中ドラマ化」「岡田将生」がトレンド入りし、ファンからも期待の声が寄せられています。

ニュース
岡田将生(STARDUST公式ページより引用)
  • 岡田将生(STARDUST公式ページより引用)
7月4日、昭和落語界の人間ドラマを描く『昭和元禄落語心中』が、岡田将生さん主演で実写ドラマ化されることが明らかになりました。Twitterでは「落語心中ドラマ化」「岡田将生」がトレンド入りし、原作者の雲田はるこさんが「落語界と落語家さんのご発展の一助になれますように」などとツイート。ファンからも期待の声が寄せられています。

『昭和元禄落語心中』は、「昭和最後の名人」と称される落語家・有楽亭八雲と、彼のもとに押しかけ弟子入りした元チンピラ・与太郎を中心に、昭和落語界を生きる噺家たちの愛おしき素顔と業を描き出した作品。
「ITAN」に連載された原作マンガは「第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」や「第38回講談社漫画賞一般部門」に輝いており、2016年と2017年にはTVアニメ化も果たしている人気タイトルです。

今回の実写ドラマは全10回のTVシリーズとして放送されるもので、主演の岡田さんは八雲役を担当するとのこと。オファー当初は「正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品の為に落語を知り、落語を愛さないとできないと思った」という岡田さんですが、やがて興味が沸くなかで「演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました」と思い至ったことを明かしています。

実写ドラマ化に「落語心中ドラマ化」「岡田将生」がトレンド入りしたTwitterでは、原作者の雲田さんが「落語のことを、みんなのことをまたご贔屓ご鞭撻のほど」「落語界と落語家さんのご発展の一助になれますように」とツイート。
ファンからも「落語心中がドラマ化だって?!岡田将生だってぇ?!」「元禄のおかげで落語好きになったからマジで嬉しい!!」「落語心中がドラマ化とか絶対いいやん。良い予感しかしんわ」「あの独特な世界観どう表現するんか気になる...」と期待する声が続々と寄せられました。

また主演の岡田さんに対しては、「岡田将生……楽しみすぎる…………」「岡田将生が落語するんだぞ? あの顔の良さで??? 落語を???? やばいな」「「岡田将生さん、、美しそう、、」などの呟きが到着。『銀魂』桂小太郎役に続いて“CV.石田彰さん”のキャラクターを担当することから、「銀魂に続いて石田彰→岡田将生じゃまいか」「岡田将生は石田彰の仮の姿なのでは…?」「好きなキャラの声帯が石田彰で実写になると岡田将生なのありがたみしかない……」といったツイートも盛り上がっています。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集