“タマシイのぶつかり合い”でよりよい作品を…「消滅都市」原作スタッフが明かす、アニメ化企画の裏側 3ページ目 | アニメ!アニメ!

“タマシイのぶつかり合い”でよりよい作品を…「消滅都市」原作スタッフが明かす、アニメ化企画の裏側

2018年5月27日に開催されたリアルイベント「PROJECT消滅都市発足発表会」にて、アニメ化が発表された人気スマートフォン向けゲーム『消滅都市』。

インタビュー
左から大桑哲也氏、下田翔大氏、濱坂真一郎氏
  • 左から大桑哲也氏、下田翔大氏、濱坂真一郎氏
  • 大桑哲也氏
  • 左から下田翔大氏、大桑哲也氏、濱坂真一郎氏
  • 下田翔大氏
  • 濱坂真一郎氏
  • 左から下田翔大氏、大桑哲也氏、濱坂真一郎氏
  • 左から大桑哲也氏、下田翔大氏、濱坂真一郎氏
  • 左から濱坂真一郎氏、下田翔大氏、大桑哲也氏

■原作ゲームファンも初見のアニメファンもワクワクできる物語展開を


――原作ゲームのエピソードを描く際に、アニメで意識されていることは?

下田
原作のファンも、アニメから入る新規の方も楽しめるようにと意識しました。原作をなぞっただけだとゲームユーザーには展開が読めてしまうし、とはいえ原作を無視したストーリーも見たくないと思います。なので、原作ファンが見ても「次はどうなるんだろう?」と期待を持てるように心がけています。

大桑
原作を知っているが故に「おお、ついに来たか!」というシーンもあれば、知っているが故に裏切られる展開の両方が織り交ぜられています。

――骨太なストーリーですが、最終話までに物語の決着はつくのでしょうか?

下田
ドラマの決着はちゃんと付きます。でも、どういう展開なのかは、皆さんに想像してほしいです。僕らも「全12話でどこまでやる!?」という話し合いがすごく楽しかったので。
毎回敵が出てきて倒して「やったー!」みたいなお決まりの展開にはなっていません。人生に予測がつかないように、物語を見ながら予測のできない体験をしてほしい。そうして感情移入していくことで、主人公たちの生き方から、何か大切なものを受け取っていただけたらうれしいなと思います。

■ファンの期待感を裏切らない仕上がりになるはず!


左から下田翔大氏、大桑哲也氏、濱坂真一郎氏
――原作を知らないアニメファンに、どういった部分を楽しんでもらいたいですか?

濱坂
ゲームやマンガ、小説は読む人次第で時間をコントロールできるメディアですが、アニメは作り手の時間に身を委ねることになるので、すごく新鮮な『消滅都市』体験になるのではないかと思っています。
原作ファンの方も初めて見るアニメファンの方も感情移入できるドラマになっているので、そこを楽しみにしていだけるとありがたいです。

下田
もちろん、タマシイを使ったバトルなど、アクション面をとっかかりに見ていただいてもいいかと思います。

――ゲームとの連動はあるのでしょうか?

下田
具体的なことはまだ考えている最中ですが、アニメが展開するタイミングにあわせてワールドワイドへの展開も試していけたらという展望はあります。また、原作のアクションゲームより、ストーリーを体験しやすくした新作アプリを準備中なので、それでもっと多くのお客さんに『消滅都市』を知ってもらいたいですね。

――ところで、イベント内にてアニメ化が発表されたとき、ファンの反応はどうでしたか?

下田
(感慨深げに)ヤバかった……。

濱坂
ファンの方の期待感が半端なくて、プレッシャーに押しつぶされそうでした(笑)。

大桑
「やっと言えた」という開放感と、「これからだぞ」と襟を正すふたつの気持ちがありました。発表会後のホワイエで号泣しながら、アニメ化を喜んでくださるファンの方の姿を目の当たりにすると、下手なモノは作れないぞという覚悟がさらに強まりました。

下田
会場を埋め尽くしただけでなく、泣くまで感激してくださるファンの方の姿を見ちゃうと、やっぱりね。それだけ待ち望んでくださっていたわけで、ひと言では言えない感慨深さがあります。
ファンの皆さんだけじゃなく、今回のアニメスタッフの方々に出会えたことも奇跡だと思うし、ここまでこれて本当によかったです。時々、これは夢なんじゃないかと思うくらいです(笑)。

左から大桑哲也氏、下田翔大氏、濱坂真一郎氏
5月27日イベント出演時のお三方

――また、この記事と同時に新しいティザービジュアルが公開されました。アニメのタクヤが初公開ですね。

TVアニメ『消滅都市』ティザービジュアル(C)Wright Flyer Studios/消滅都市製作委員会
下田
はい。ティザーということでまだ全身絵での公開ではないですが、アニメという映像媒体で映える新しいタクヤの姿ということで、個人的にもかなり気に入っているキャラクターデザインです。
今後もティザービジュアルを順次公開していきたいと思っていますので、楽しみにしていてください。

――では最後に、『消滅都市』のアニメを楽しみにしている読者の方々へのメッセージをお願いします。

濱坂
原作を制作している僕自身も、出来上がった脚本や絵コンテを見るオドロキがあるんです。昔からの『消滅都市』ファンの方はきっと楽しめるものになると思います。
もちろん、原作を知らない方に対しても、見る人を突き放した作りでないので、プレーンな状態で楽しんでいただければと思います。

大桑
『消滅都市』の良さってドラマの体験なのですが、今回のアニメもそれがしっかりと形にできていると思います。今日お話した脚本、コンテの話もそうですし、これから行われる作画の部分とが合わさることで、いいドラマ体験ができると思うので、そこを楽しんでいただければと思います。

下田
今自分は、監督や脚本、制作プロデューサーさんをはじめとしたスタッフの方々をめちゃめちゃ信じていて、この人たちと一緒に仕事ができて本当によかったと思っています。この幸せな状況をきちんと活かせるよう、これからも気を抜かずに頑張っていきたいと思っています。
《馬波レイ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集