「七つの大罪」原作者が描き下ろす“10年前のあの日”とは?ストーリーブック付き単行本&ムビチケ限定発売 | アニメ!アニメ!

「七つの大罪」原作者が描き下ろす“10年前のあの日”とは?ストーリーブック付き単行本&ムビチケ限定発売

ニュース

『七つの大罪』セブンネット限定 オリジナルストーリーブック(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
  • 『七つの大罪』セブンネット限定 オリジナルストーリーブック(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
  • 『七つの大罪』アニメ絵描き下ろしミニ色紙4枚セット(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』の8月18日(土)公開を記念して、原作者・鈴木央の描き下ろしオリジナルストーリーブックが付属する単行本33巻とムビチケカード前売券の発売が決定した。

『七つの大罪』は、鈴木央が「週刊少年マガジン」に連載中のマンガを原作とするヒロイック・ファンタジー。待望の銀幕デビューとなる『天空の囚われ人』では鈴木の描き下ろしネームをもとに、大罪人かつ伝説の騎士団である「七つの大罪」と魔神族の集団「黒の六騎士」による戦いが描かれていく。

このたび発表されたオリジナルストーリーブックは、『七つの大罪』の単行本1巻と17巻で触れられるも詳細までは語られなかった“10年前のあの日の出来事”を描いたもの。メリオダスとエリザベスの出発点を楽しめる物語は、全16ページのうち14ページが鈴木の描き下ろしという特大ボリュームで、表紙も鈴木による新規イラストだ。

オリジナルストーリーブック付きの『七つの大罪』単行本33巻は8月17日(金)、『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』ムビチケカード前売券は8月8日(水)にそれぞれ発売予定。なおムビチケカード前売券には、アニメ描き下ろし絵を使用したミニ色紙4枚も付属する。セブンネットショッピング限定での取り扱いとなる。

『七つの大罪』アニメ絵描き下ろしミニ色紙4枚セット(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会『七つの大罪』アニメ絵描き下ろしミニ色紙4枚セット(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
『七つの大罪』33巻 セブンネット限定 オリジナルストーリーブック特典付き(セブン‐イレブン店舗受取り限定)
発売予定日:2018年8月17日(金)
価格:通常版 440円(税込 475円)
   限定版 1,500円(税込 1,620円)

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』アニメ絵描き下ろしミニ色紙4枚セット付きムビチケカード前売券<セブンネット限定特典:オリジナルストーリーブック>
発売予定日:2018年8月8日(水)
価格:一般 2,870円(税込3,100円)
   小人 2,407円(税込2,600円)
※「アニメ絵描き下ろしミニ色紙4枚セット」はキャラクター同士で衣装をチェンジした「七変化」をテーマにした今企画のための描き下ろしイラストを使用。


『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』は8月18日(土)より全国ロードショー。

(C)鈴木央/講談社 (C)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集