「TAAF2019」前年の長編コンペグランプリ「オン ハピネス ロード」が7月21日に特別上映 | アニメ!アニメ!

「TAAF2019」前年の長編コンペグランプリ「オン ハピネス ロード」が7月21日に特別上映

「TAAF2018」でコンペティション部門・長編アニメーションのグランプリを受賞した『オン ハピネス ロード(On Happiness Road)』が、2019年3月開催の「TAAF2019」におけるプレイベントとして上映されることが決定した。

ニュース
『オン ハピネス ロード(On Happiness Road)』(C)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オン ハピネス ロード(On Happiness Road)』(C)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
「東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2018」でコンペティション部門・長編アニメーションのグランプリを受賞した『オン ハピネス ロード(On Happiness Road)』が、2019年3月開催の「TAAF2019」プレイベントにて上映決定。東京の「台北駐日経済文化代表処台湾文化センター」にて、7月21日に特別上映会が行われる。

『オン ハピネス ロード』は、台北生まれのサン・シンイン監督によって制作された台湾の長編アニメ。苦学を経てアメリカンドリームを掴み取ったものの、祖母の死によって台湾・幸福路にいる家族のもとに戻ってきた主人公“チー”が、懐かしい幼少期を思い出しつつ「生きる」ということや「家族」について見つめる姿を描いていく。

離婚という人生の一大転機に向き合わざるを得なくなった女性の半生を、近代台湾の社会情景も散りばめながら語っており、「幸せ」とはまだ言えないながらも確かに生きる彼女を感じさせてくれるような作品だ。日本のアニメーションへの憧憬も垣間見える、大人に見てほしい1本となっている。

特別上映会は入場無料で、定員は先着順の80名様。「TAAF2019」公式サイトでは6月6日15時より鑑賞希望者を受け付けているので、早めに応募フォームから申し込んで欲しい。

『オン ハピネス ロード(On Happiness Road)』特別上映会
日程:2018年7月21日(土)
時間:13時上映開始(12時30分開場)
会場: 台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
入場料:無料
定員:80名様(先着順)
申込:応募フォームより


(C)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集