「コナン ゼロの執行人」なぜ"安室の女"になってしまうのか? "100億の男"にしたい安室透の魅力とは | アニメ!アニメ!

「コナン ゼロの執行人」なぜ"安室の女"になってしまうのか? "100億の男"にしたい安室透の魅力とは

レビュー

『名探偵コナン ゼロの執行人』メインカット(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 『名探偵コナン ゼロの執行人』メインカット(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
2018年4月より公開された劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』が大ヒットを記録している。元より高い人気を誇る劇場版「名探偵コナン」シリーズだが、ここ数年で一気に興行収入が上昇し、毎年更新し続けている。しかも本作は公開1カ月で前作の記録を抜くという勢いだ。

その人気を牽引しているのが、本作のメインキャラクター、安室透である。SNS上では劇場版を見た人達から「安室透の女になった」というパワーワードが飛び交うほど。なぜ人はここまで「安室透の女」になってしまうのか?
本稿では、その理由を『コナン』ファンであり、実際に「安室透の女」になってしまった筆者が、劇場に何度も足を運んで見えてきたその理由から解説する。

なお、安室透というキャラクターがどんな人物なのかは、先日掲載した解説記事をご覧いただきたい。
>その記事はこちら【『名探偵コナン』安室透って何者? “ゼロの執行人”を観る前に知っておきたい彼の3つの顔とは】

◆イケメン超人・安室透


まず、人気の高さはビジュアルの良さにある。見た目というのは一番分かりやすく、興味を引きやすいものだ。
そんな彼の見た目は、褐色の肌に金色の髪の毛。どちらかというと女性キャラに多い容姿だ。作品内でも服部平次や京極真らが褐色だが、金髪は安室透のみ。
身長は公言されていないものの、コナンとの対比でかなり高いことが分かる。さらに料理、車の運転、テニス、ギターの演奏、ボクシングなどを嗜み、全て完璧にこなす

さらにこの安室透という人物は“トリプルフェイス”の男だ。ある時は毛利小五郎の弟子をしながらポアロでアルバイトをする探偵・安室透、ある時は黒の組織で危険な任務もこなすバーボン、ある時は公安警察の降谷零。
多重人格ではなく、3つの顔を使い分けて日々仕事をこなしている。そんな裏の顔を持っているというところも、ファンの心をくすぐる部分だろう。
→次のページ:まさに安室透のPV? 彼の魅力が存分に味わえる、劇場版の秀逸な構成
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集