「リズと青い鳥」顕微鏡を覗いているのような感覚? 初日に種﨑敦美&東山奈央らトーク | アニメ!アニメ!

「リズと青い鳥」顕微鏡を覗いているのような感覚? 初日に種﨑敦美&東山奈央らトーク

4月21日、『リズと青い鳥』が東京・新宿ピカデリーにて初日舞台挨拶を実施。ステージにはWヒロインの鎧塚みぞれ役・種﨑敦美と傘木希美役・東山奈央のほか、劇中に出てくる童話でリズと青い少女の一人二役を務めた本田望結、そして山田尚子監督が登壇した。

ニュース
『リズと青い鳥』初日舞台挨拶スチール(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • 『リズと青い鳥』初日舞台挨拶スチール(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  • 『リズと青い鳥』初日舞台挨拶スチール(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
4月21日、京都アニメーションの最新作『リズと青い鳥』が、東京・新宿ピカデリーにて初日舞台挨拶を実施した。
ステージにはWヒロインの鎧塚みぞれ役・種﨑敦美と傘木希美役・東山奈央のほか、劇中に出てくる童話でリズと青い少女の一人二役を務めた本田望結、そして山田尚子監督が登壇。ついに公開を迎えた本作について存分に語り尽くした。

トークセッションでは、種﨑が『リズと青い鳥』を「顕微鏡を見てる時って息しないなというか、見てる時は息を潜めてしまう作品と言うのが伝わったかなと思います」と表現し、「顕微鏡なんて例えで大丈夫でしたか?!」と焦った様子を見せたものの、東山は「良い例えです!」と返し、山田監督も「最高です!」と同調。

また、本田が「他のキャストの皆さんの声が本当に素敵で、私のシーンで観て下さっている皆さんに、違和感を覚えさせてしまわないかと本当に不安でお許し頂きたいのですが」と語ると、種﨑は「みぞれと希美が言葉を発しない、気持ちの裏側を演じて頂いて、お芝居も声も真っ直ぐでストレートで素晴らしかったです!」と絶賛。
東山も「うちら(希美とみぞれ)は素直じゃないから『そばにいて』とか『大好きよ』『私もよ』とか言えな いから、言ってくれてありがたいです!」と太鼓判を押した。

ほか作品で印象に残っているポイントとして、種﨑は「本作のキャッチコピーにもある『ずっと一緒だと思っていた』という言葉が、ふたりが物理的に離れていくだけではなく、いろんな意味を含んだ言葉で、すごいキャッチコピーだなと思いました」と述べる。

東山は「これまでの希美は、明るくて『この子は人から憧れられる子なんだ』と思わせるような子だったのですが、本作で彼女の解像度を上げることで、人間味をクローズアップして見ると、まっすぐなだけじゃないことがわかりました」とコメント。

最後には山田監督が「一見静かな映画かなと思われるのですが、本当は少女の機微がおしゃべりな作品です。公開初日を迎えて、多くの方々に観て頂けて、感無量です」との感想とともに「映画館でしか聞こえないような音響設計でマニアックな作りになっています(笑)。これからも何回でも映画館で観てください」とメッセージを送り、舞台挨拶が締めくくられた。

『リズと青い鳥』
4月21日 ROADSHOW
配給:松竹
(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集