【『ダリフラ』展をもっと楽しむために】グレンラガン、キルラキル、あの花…「ダリフラ」に至る系譜を辿る | アニメ!アニメ!

【『ダリフラ』展をもっと楽しむために】グレンラガン、キルラキル、あの花…「ダリフラ」に至る系譜を辿る

現在放映中のTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の初となる展示会「『ダリフラ』展」が3月10日~4月1日の期間、東京・有楽町マルイにて開催される。そんな「ダリフラ展」をより楽しめるように、本記事では『ダリフラ』と同時展示される3作品の関連性を

ニュース
現在放映中のTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。TRIGGER&A-1 Picturesによるオリジナルタイトルとして世に送り出された本作は、監督である錦織敦史の元に、彼がこれまで関わってきた作品のスタッフたちが集結したオリジナルアニメだ。
そんな『ダリフラ』の初となる展示会が、3月10日~4月1日の期間、東京・有楽町マルイにて開催される。

本展示会の大きな見どころは、『ダリフラ』のみならず、本作のスタッフ陣が過去に携わった3作品『天元突破グレンラガン』、『キルラキル』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の貴重な資料が同時展示されこと。
そんな「『ダリフラ』展」をより楽しめるように、本記事では『ダリフラ』と同時展示される3作品の関連性を、「ストーリー&キャラ」「メカ」「アクション」の3つの切り口で分析。各作品から『ダリフラ』へと受け継がれた遺伝子を考察していく。

■A-1 picturesの血を感じる“青春ドラマ”と“キャラクターデザイン”

A-1 pictures制作の前監督作『アイドルマスター』に続き、『ダリフラ』でも群像劇を描くことに挑んだ錦織敦史。キャラクターデザインを手がけるのは、同じく群像劇である『あの花』でおなじみの田中将賀だ。
日本のアニメを牽引するトップクリエイターの2人だが、お互いがメインスタッフとして現場を共にするのは今作が初。だが過去には、錦織がキャラクターデザインを手掛けた『天元突破グレンラガン』に、田中が原画として参加していた背景もある。

では、錦織監督が描き出す物語の中で、田中デザインのキャラクターたちはどのような魅力を放っているのか。ここで注目したいのが、“コドモ”たちの中でも優等生タイプのイチゴだ。

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
元々ヒロのことを気にかけている内に、彼へと惹かれていたイチゴは、彼がゼロツーとパートナーとなった第1話以降、無自覚な内にヒロへの恋愛感情を膨れ上がらせていく。そんな彼女がヒロの行動を受けて心をかき乱されていく様子には、戦うことだけを教えられてきた“コドモ”の切なさ、そして年相応な甘酸っぱさが詰まっている。とくに第7話「流星モラトリアム」のヒロとの初デートシーンにおける、一挙一動が可愛い彼女の姿は必見だ(ヒロの無自覚ぶりも併せて……)。

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
錦織監督が描く『ダリフラ』のSF的な世界観において、田中はキャラクターデザインとして思春期の少年少女の実在感を持ち込んでいる。それにより、多数の登場人物が交差する群像劇のなかで、キャラが埋もれずにおのおのが違った魅力を放っているのだ。
《山田幸彦》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集