「ダリフラ」初の展示会が開催 「グレンラガン」「キルラキル」「あの花」関連作も同時展示へ | アニメ!アニメ!

「ダリフラ」初の展示会が開催 「グレンラガン」「キルラキル」「あの花」関連作も同時展示へ

TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の作品初となる本格的な展示会が、有楽町マルイにて3月10日~4月1日の期間限定で開催決定。会場には関連作品として『天元突破グレンラガン』『キルラキル』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』も同時に展示される。

ニュース
TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の作品初となる本格的な展示会が、有楽町マルイにて3月10日~4月1日の期間限定で開催決定。会場には関連作品として『天元突破グレンラガン』『キルラキル』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』も同時に展示される。

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は、2018年1月より放送中のTRIGGER&A-1 picturesによるオリジナルタイトル。荒廃した大地に移動要塞都市“プランテーション”が建設された遠い未来を舞台に、すべてが謎に包まれた巨大生命体“叫竜”に立ち向かうべく“フランクス”と呼ばれるロボットを駆る、“トリカゴ”にとらわれたコドモたちの姿を描く作品だ。

今回の「『ダーリン・イン・ザ・フランキス』展」はそのオンエアを記念する催しで、同作だけでなく関連作品も同時に展示。
監督の錦織敦史がキャラクターデザインを手掛け、アクション監修の今石洋之が指揮した『天元突破グレンラガン』をはじめ、メカニックデザインのコヤマシゲトがアートディレクターを担い、TRIGGERが制作した『キルラキル』、そして本作と同様に田中将賀がキャラクターデザインを担当し、A-1 Picturesが送り出した『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と、各作品の貴重な資料を交えつつ、そのルーツを辿りながら『ダリフラ』の魅力に迫る内容となる。

入場料は一般が800円(エポスカードの利用で500円)、高校生以下が500円。クリアファイル付やWEB特典付の入場券も用意されるという。また会場では、『ダリフラ』をはじめとする各作品のグッズ販売も行われる予定だ。

「『ダーリン・イン・ザ・フランキス』展」
開催期間:3月10日(土)~4月1日(日)
開催場所:有楽町マルイ8Fイベントスペース
営業時間:11:00~21:00(日・祝は10:30~20:30)
入場料:
一般 800円(税込) ※エポスカードのご利用で500円(税込)
高校生以下 500円(税込)
クリアファイル付 1,500円(税込) ※エポスカードのご利用で1,200円(税込)
WEB特典付 1,100円(税込) ※マルイウェブチャネルにて3月上旬より事前チケット販売

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通
(C)TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会
(C)ANOHANA PROJECT
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集