森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」がアニメ映画化! 制作はスタジオコロリド | アニメ!アニメ!

森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」がアニメ映画化! 制作はスタジオコロリド

『夜は短し歩けよ乙女』で知られる作家・森見登美彦の“新境地”にして最高傑作との呼び声も高い小説『ペンギン・ハイウェイ』のアニメ映画化が決定。ティザーポスターと特報が公開されたほか、制作はスタジオコロリドが担当することなどが発表となった。

ニュース
『夜は短し歩けよ乙女』で知られる作家・森見登美彦の“新境地”にして最高傑作との呼び声も高い小説『ペンギン・ハイウェイ』のアニメ映画化が決定。ティザーポスターと特報が公開されたほか、制作はスタジオコロリドが担当することなどが発表となった。

『ペンギン・ハイウェイ』は、オトナびて少し生意気な小学4年生“アオヤマ君”と彼が通う歯科医院の“お姉さん”を中心に展開する、ひと夏の少し不思議な体験を瑞々しく描く青春ファンタジーである。
アニメ映画の制作は、フルデジタルながらも繊細かつ温かみのある表現が各方面から絶賛され、『パズル&ドラゴンズ』「マクドナルド」「マルコメ」といったコラボオファーが絶えないスタジオコロリドが担当することに。原作の爽やかなテイストをそのままに、よりスケールアップした感動を届けていく。


監督は「第14回文化庁メディア芸術祭」においてアニメーション部門優秀賞を受賞した、弱冠29歳の新鋭・石田祐康に決定。ほか制作陣にはキャラクターデザインに新井陽次郎、脚本に上田誠、音楽に阿部海太郎が名を連ねた。

さらに声の出演として、主人公“アオヤマ君”には『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』で話題の若手女優・北香那、“お姉さん”には独自の存在感を放つ演技派女優・蒼井優が配役。新世代の才能と日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、“忘れられないあの夏”を色鮮やかに描き出すことになった。

アニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』は、8月より全国ロードショー。

『ペンギン・ハイウェイ』
出演:北香那、蒼井優
原作:森見登美彦
監督:石田祐康
キャラクターデザイン:新井陽次郎
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
音楽:阿部海太郎
制作:スタジオコロリド
(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集