TAAF2018、功労者の功績を振り返る特集上映や「けもフレ」セレクション上映が決定 | アニメ!アニメ!

TAAF2018、功労者の功績を振り返る特集上映や「けもフレ」セレクション上映が決定

ニュース

世界名作劇場『フランダースの犬』(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • 世界名作劇場『フランダースの犬』(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • 『けものフレンズ』(C)けものフレンズプロジェクト A
  • 『ちびまる子ちゃん』(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
3月開催の国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2018(TAAF2018)」より注目のプログラム情報が到着。アニメ功労部門の顕彰者を記念する「世界名作劇場にみる―本橋浩一・大杉久美子・ 川本征平・芝山努・本田保則の仕事―」、そしてアニメ オブ ザ イヤー部門の受賞を記念する「『けものフレンズ』セレクション上映」の実施が発表された。

「世界名作劇場にみる―本橋浩一・大杉久美子・ 川本征平・芝山努・本田保則の仕事―」は、「TAAF2018」におけるアニメ功労部門顕彰者の功績を振り返りながら楽しむプログラムとして、「世界名作劇場」から秘蔵の4K版ノンテロップオープニングのセレクション上映と、懐かしの『ちびまる子ちゃん』第1話の特別上映を行うもの。

ゲストには、顕彰者から歌手の大杉久美子氏、美術監督の川本征平氏、音響監督の本田保則氏を迎え、3名を繋ぐキーマンとして元プロデューサー・中島順三氏も特別出演。故・本橋浩一プロデューサーや芝山努監督の仕事ぶりにも触れる貴重なトークは必見となるだろう。なお進行役は、アニメーション研究家の原口正宏氏が担当する。

また「『けものフレンズ』セレクション上映」では、2017年1月に放送され人気を博したTVアニメ『けものフレンズ』の「アニメ オブ ザ イヤー部門・作品賞」受賞を記念して1話、11話、12話を上映。かばんやサーバル、そしてたくさんの“フレンズ”が登場する大冒険を、大スクリーンで楽しめる貴重な機会となりそうだ。

両プログラムは第四弾プログラムチケットとして、2月26日18時より販売がスタート。詳細および購入方法については「TAAF2018」公式サイトを確認してほしい。

「世界名作劇場にみる―本橋浩一・大杉久美子・ 川本征平・芝山努・本田保則の仕事―」
日時:3月12日(月)15:10~16:40
会場:新文芸坐
料金:前売り1000円/当日1200円
   ※学生・大人共通
登壇者:大杉久美子、川本征平、本田保則、中島順三、原口正宏

「『けものフレンズ』セレクション上映」
日時:3月11日(日)17:00~19:00
会場:池袋 HUMAX シネマズ スクリーン6
料金:前売り1000円/当日1200円
   ※学生・大人共通

「東京アニメアワードフェスティバル2018」
日程:2018年3月9日(金)~12日(月)
会場:池袋シネマ・ロサほか

(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.
(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション
(C)けものフレンズプロジェクト A

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集