「スターシップ・トゥルーパーズ」舞台挨拶、小山力也&上坂すみれら見どころをトーク | アニメ!アニメ!

「スターシップ・トゥルーパーズ」舞台挨拶、小山力也&上坂すみれら見どころをトーク

ニュース

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』初日舞台挨拶(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
  • 『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』初日舞台挨拶(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
  • 『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』初日舞台挨拶(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
2月10日、フルCGアニメ映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が公開初日を迎え、新宿ピカデリーにて舞台挨拶を開催。小山力也、上坂すみれ、小野賢章、喜多村英梨、内田彩、寺島惇太ら吹替声優陣に加え、荒牧伸志監督と松本勝監督が登壇した。

90年代の傑作SF映画『スターシップ・トゥルーパーズ』公開から20年を経て巡ってきた主人公ジョニー・リコ役に、小山は「英語のオリジナルボイスも20年前と同じキャスパー・ヴァン・ディーンさんということで、光栄でした。一生懸命…、特にこの仕事は一生懸命やりました!」と力を込めて挨拶。
上坂は、20年前の作品で死んだはずのディジー役ということで「私から何を言ってもネタバレになるので」と苦笑しつつ、「何で死んだのか?どう登場するのかは、見ていただいてのお楽しみで!」と笑顔を見せた。

ミステリアスなカール・ジェンキンスを担当した小野は「おそらく、いままで演じてきた役の中で、一番年上じゃないかと。リコ大佐と友人で…え?(リコ役は)小山さん?え?小山さんと友人?」と当初の困惑を披露。
喜多村はオファー時を「『あれでしょ? 海外でカルト的な人気のあれっしょ?』とわき上がりました」と振り返り、男勝りな艦長カルメン・イバネス役について「リコ以上にステータスの高い役ということで、仕上がっているセリフも多く、緊張しながら頑張りました」と語った。

内田が演じたエミリー・スナップは“人類史上最も聡明な女性”といわれる最年少総司令官だが、感情の起伏が激しい一面も持つキャラクター。「彼女の起伏の激しさが、どんなところで出てるか見ていただきたいです」という内田は、「偉い人を演じる機会もなかなかなかったんですが、責任重大と思ってやりました」との思いを口にした。
寺島はリコの補佐官トシ・ババ役を「まず最初は、すごく頼りないです」としつつも「成長を見せ、最後には……というところもあります!」とアピール。「僕もこの舞台挨拶中に成長出来たら…」と口にし、会場の笑いを誘った。

荒牧監督は日本語版に「“日本語吹替え版”というより、日本語版を新しく作り直すくらいの勢いで作り、アレンジを加えています。日本語のセリフもキャラクターに最適化されているし、スタッフも『こっち(日本語版)が面白い!』と言ってくれてます」との自信をコメント。
共同でメガホンを取った松本監督も「リコが主人公ですが、日本語になってこそ感情移入しやすくなってると思います」と熱を込めた。

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』は、2月10日より2週間限定で全国公開中。

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』
(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集