「サザエさん」サブちゃんの失業を心配する声? Amazonほか"新スポンサー"決定がネットで話題 | アニメ!アニメ!

「サザエさん」サブちゃんの失業を心配する声? Amazonほか"新スポンサー"決定がネットで話題

ニュース

1月31日、TVアニメ『サザエさん』の新スポンサーが、通販サイト「Amazon」を運営するアマゾンジャパンなどに決まったことが報じられました。Twitterではこの一報に、「買い物しようと街まで出かけなくていいじゃないか」「三河屋さんの今後が心配」といった様々な声が寄せられています。

【関連】「TIGER & BUNNY」新作発表でネット騒然! TENGA、クリスタルガイザーらスポンサーになりたい企業続々

『サザエさん』の番組スポンサーについては、1969年の放送開始から約48年間にわたりCMを提供してきた大手電機メーカー・東芝の降板が2017年11月に表面化。それを受け、いち早く手を挙げた高須クリニックの高須克弥院長が注目されるなど、後継スポンサーの行方は大きな話題を呼んでいました。

共同通信などの報道によると、新スポンサーとなったのはアマゾンジャパンとベビー用品専門店の西松屋チェーン、そして大和ハウス工業の3社。計10社ほどの企業が名乗りをあげていたといい、スポンサー争奪戦に敗れた高須院長が「奮闘努力のかいもなく大企業の皆さんに力負けした。悔しいなう」と無念を呟く場面も。

今回の新たなスポンサー決定に、Twitterでは早速「サザエさん家にamazonからの荷物が届くエピソードやるんだろうなw」「タラちゃんとイクラちゃんの服が…西松屋提供になるって事だな」「家は大和ハウスでリフォームするんですね」など各企業に絡めたツイートが続出。

なかでもAmazonに関する言及は多く、OPテーマの歌詞に「提供がAmazonって、買い物しようと街まで出かけなくていいじゃないか」という声が相次いでいるほか、“御用聞き”として競合してしまう三河屋のサブちゃんについて「飲食物もAmazonパントリーがあるので、三河屋さんの今後が心配」とする呟きも寄せられました。

今回のスポンサー変更の一連の流れで、改めて“国民的アニメ”である『サザエさん』への注目度の高さが伺えました。現スポンサー・東芝が提供を行うのは今年3月まで。新スポンサーに変わった『サザエさん』の放送も楽しみに待ちたいですね。

(C)長谷川町子美術館
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集