星野源「映画ドラえもん」史上、“音楽家”として初の快挙! 特報で書き下ろし挿入歌お披露目 | アニメ!アニメ!

星野源「映画ドラえもん」史上、“音楽家”として初の快挙! 特報で書き下ろし挿入歌お披露目

ニュース

『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌&挿入歌アーティストとして、シンガーソングライター・星野源の参加が発表。「映画ドラえもん」シリーズ38年間の歴史で、同一アーティストが2曲書き下ろすのは今回が初めて。さらに今回、挿入歌「ここにいないあなたへ」が流れる特報映像も公開された。

『映画ドラえもん のび太の宝島』は2018年3月3日公開予定のシリーズ第38作。俳優・大泉洋が海賊船の船長キャプテン・シルバー役の声を務めることでも注目を集めている作品だ。

今回、主題歌&挿入歌を務める星野は「大好きな『ドラえもん』の長い長い歴史の中に音楽家として参加できることを、とても嬉しく思います」と喜びを語る。
また、「今回の新作映画『のび太の宝島』、そして『ドラえもん』という作品そのもの、すべてを生み出した藤子・F・不二雄先生に向けて主題歌・挿入歌を書かせていただきました。ファンとしても公開の日を楽しみにしております」とコメントを発表。『ドラえもん』ファンを公言する星野が、どのような歌を書き下ろしたのだろうか。


主題歌の詳細は明かされていないが、挿入歌「ここにいないあなたへ」は心温まるバラードだ。情報公開とともに配信された30秒の特報映像では、一部楽曲が使用されており、その優しいメロディと歌声を堪能できる。90秒の予告映像は12月1日放送のTVアニメ『ドラえもん』にて初公開。

最新ポスタービジュアルでは、海賊衣装に身を包んだドラえもんたちが登場。白い波しぶきを上げながら帆船を走らせる油絵タッチが躍動感にあふれている。海賊船の一員として登場するミニドラや、オリジナルキャラのオウム型ロボット・クイズの姿、そして「見つけたのは、宝物以上の、宝物。」というキャッチコピーも、大冒険を予感させる。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集