「KUBO/クボ」“ラスボス”小林幸子が初のおばあちゃん役に 10年ぶりのアフレコ映像公開 | アニメ!アニメ!

「KUBO/クボ」“ラスボス”小林幸子が初のおばあちゃん役に 10年ぶりのアフレコ映像公開

ニュース

映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(11月18日全国ロードショー)より、カメヨ役を務める“歌謡界のラスボス”こと小林幸子のアフレコ映像とスペシャルインタビュー映像が公開された。

同作は『ティム・バートンのコープスブライド』や『コララインとボタンの魔女』などを手掛けてきた、スタジオライカによるストップモーションアニメ最新作。三味線の音色で折り紙に命を与える少年・クボが辿る運命を描く、日本を舞台にした壮大な旅絵巻だ。
小林が演じるカメヨは、クボを気にかけ温かく見守っているおばあさんのキャラクターである。小林が声優であるという情報は、11月8日に行われたイベント内で発表されたばかり。自身初のおばあちゃん役ということで、「おばあちゃん役、キターー!」と張り切ってアフレコに挑んだことが話題になっていた。



今回お披露目となったのは、本編冒頭に描かれるクボとの和やかな会話シーンだ。劇中で唯一と言ってもいいクボの理解者であり、チャーミングなおばあちゃんであるカメヨ役を演じるにあたって、小林は「歌を歌うお仕事とは違いますが、表現をするという意味ではものすごく勉強になりました。とっても楽しかったです」とコメント。10年ぶりの声優挑戦を楽しんだ様子をうかがわせた。
また「元々、アニメが大好きで劇場で鑑賞するタイプだ」とも明かした小林。作品について「一般的なアニメとは違う作品。一コマ一コマ手作業で、気が遠くなる作業をしている。もう芸術だと思いますね。圧巻の映像です」との絶賛も寄せた。

なおクボを演じるのは、『クレヨンしんちゃん』しんのすけ役でお馴染みの矢島晶子である。声優界の巨匠と歌謡界のラスボスはどのような掛け合いを見せるのか、夢の共演も見どころとなりそうだ。

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
11月18日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
(C)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集