「はいからさん」宮野真守のボイスメッセージが届く 10日間日替りの「毎日少尉」スタート | アニメ!アニメ!

「はいからさん」宮野真守のボイスメッセージが届く 10日間日替りの「毎日少尉」スタート

ニュース

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』は11月11日に全国公開を迎える。それを記念して、伊集院忍を演じる宮野真守による特別企画「毎日少尉」が公式ホームページにてスタートした。劇場公開までの10日間にわたってボイスメッセージが毎日届く、ファン必聴の企画となっている。

『はいからさんが通る』は1975年から77年にかけて「週刊少女フレンド」(講談社)にて連載された少女マンガが原作。女学校に通う17歳の花村紅緒と、青年将校・伊集院忍少尉の恋愛模様を描いた大正ロマンである。1978年にはTVアニメが放送され、1987年には実写映画が公開、さらに過去3回TVドラマ化されるなどメディアミックス展開で人気を博したヒット作だ。
連載40周年の2017年には前後編の劇場アニメ化が決定。2018年公開予定の『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』では旧アニメシリーズでは未完だった原作のラストエピソードまで映像化される。花村紅緒と伊集院忍の恋の結末がついにアニメで楽しめる。

11月1日からは特別企画「毎日少尉」が公式HPの特設ページでスタート。伊集院忍が劇場公開までカウントダウンを担当し、声優を務める宮野真守のボイスメッセージが毎日公開される。第1弾のDay1では「はじめまして、はいからさん。伊集院忍です。劇場でお会いできる日が、待ち遠しいですね」と爽やかな声色を披露した。
過去のボイスメッセージはいつでも聞くことができるため、当日聞き逃してしまっても安心。宮野真守の気品あふれるボイスをいつでも堪能できる。今後は毎日0時に更新される。はたしてどんなメッセージが届くのか。少尉からのメッセージに要注目だ。

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』
2017年11月11日(土)全国ロードショー

『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』
2018年全国ロードショー予定

(C)大和和紀/講談社・日本アニメーション
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集