開田裕治&西川伸司による「アニメゴジラ」特製ビジュアル公開 原画展が渋谷で開催中 | アニメ!アニメ!

開田裕治&西川伸司による「アニメゴジラ」特製ビジュアル公開 原画展が渋谷で開催中

ニュース

映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開を記念した原画展「GODZILLA GENERATION」の開催が決定した。10月27日よりタワーレコード渋谷店にて行われる。ゴジラを描いてきた作家たちの「アニメゴジラ」特製ビジュアルも公開され、いずれも圧巻の仕上がりとなっている。

原画展「GODZILLA GENERATION 生頼範義・開田裕治・西川伸司 3ILLUSTRATORS’咆吼」では3人のクリエイターの作品をラインナップする。生頼範義は平成ゴジラシリーズを中心に映画ポスターを描き続けたイラストレーターである。2015年に亡くなった生頼の仕事を振り返ることができる。
開田裕治は怪獣絵師の異名を持つイラストレーター。1000体以上の怪獣を描いてきた実績を持ち、プラモデルや映像ソフト、音楽ソフトなどのパッケージを中心に活躍している。近年では映画『キングコング:髑髏島の巨神』日本版ポスターが話題を集めた。
西川伸司は『青い海のサシミ』『YAT 安心!宇宙旅行』などの代表作を持つマンガ家。怪獣デザイナーとしても活動しており、1989年の『ゴジラvs ビオランテ』ではビオランテをデザイン。『ゴジラ2000 ミレニアム』や『ゴジラ×メガギラス G 消滅作戦』ではゴジラのデザインから敵怪獣までのすべてを手がけ、絵コンテも担当している。

原画展の開催を記念して、開田裕治と西川伸司による描き下ろし『GODZILLA 怪獣惑星』のビジュアルが公開された。開田は燃え盛る渋谷の街に突如現れたゴジラ、西川は青空の下で立ちはだかる大迫力のゴジラを描き上げた。会場では開催記念画集やグッズも販売され、イベントの実施も予定している。

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念「GODZILLA GENERATION」
期間:2017年10月27日(金)~2017年11月19日(日)
会場:タワーレコード渋谷店8F 「SpaceHACHIKAI」
入場料:800円

TM&(C)TOHO CO., LTD.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集