「ガンダム」ハロと話せる日が来たぞ! 対話型コミュニケーションロボットとして開発 | アニメ!アニメ!

「ガンダム」ハロと話せる日が来たぞ! 対話型コミュニケーションロボットとして開発

ニュース

アニメ『機動戦士ガンダム』のマスコットキャラクターでお馴染み・ハロと「ガンダム」の話題を語り合うことができる、AI搭載の対話型コミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」が誕生。あのハロと作中のようにコミュニケーションが取れるという夢のようなアイテムであり、10月3日~6日に開催されるIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC JAPAN 2017」にて参考展示が行われる。

ハロは、1979年放映開始のアニメ『機動戦士ガンダム』に登場し、主人公アムロがフラウにプレゼントしたペットロボット。以降の「ガンダムシリーズ」にも度々登場する人気キャラクターである。そんなハロが“もし現代に存在していたら”をテーマに開発されたのが「ガンシェルジュ ハロ」だ。

最大の特徴はキャラクターの世界観に特化した楽しい会話を生み出すところであり、ユーザーの発言を音声認識して、搭載されたAIで意味と意図を分析。データベースから最適な会話をハロの声で返してくれるので、キャラクターや台詞、忘れられないシーンなど、作品にまつわる様々な会話が可能となる。さらに「ガンダム」クイズやうんちくを楽しめるのもファンには嬉しい。

ハロの目と口にはLEDが内蔵され、色や点滅で状態や表情を演出。さらに前後左右に揺れたり、話をしている人の方向に向きを変えたりと、ハロがアニメで見せた愛らしい動きを再現している。スマートフォンと Bluetooth接続することで、外部スピーカーや目覚まし機能など、会話以外の機能も使用できるのも大きな魅力だ。

本商品は、バンダイナムコスタジオが遊び方・演出を企画し、日本アイ・ビー・エムがアニメ『機動戦士ガンダム』の内容に特化した会話AIを開発、VAIO株式会社がハロ本体の機構・回路設計及び生産を担当。日本企業の技術力と遊び心が結集したロボットと言えるだろう。

ガンシェルジュ ハロ
価格 :未定
発売日 :2018 年発売予定
(C)創通・サンライズ
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集