山村浩二「怪物学抄」イギリスのレインダンス映画祭にノミネート | アニメ!アニメ!

山村浩二「怪物学抄」イギリスのレインダンス映画祭にノミネート

ニュース

山村浩二監督の最新作『怪物学抄』がイギリスのインディペンデント映画祭「第25回レインダンス映画祭」の最優秀アニメーション賞(Best Animation Short Award)にノミネートされた。2016年の『サティの「パラード」』に続き、2年連続ノミネートの快挙となった。

『怪物学抄』は中世ヨーロッパ風の怪物が登場する短編アニメーションである。バラエティ豊かな怪物たちの生態をシンプルな言葉と動きを用いて描いている。ユーロスペースで上映中のプログラム「山村浩二 右目と左目でみる夢」の一篇として劇場初公開された。
本作がノミネートされたレインダンス映画祭は、インディペンデント監督の発掘に力を注いでおり、国際デビューの登竜門として知られている。その年のトレンドを作る映画を数多く上映することから、業界でも高い関心を集めている。今年は9月20日から10月1日まで開催される。最優秀アニメーション賞には『怪物学抄』をはじめ、全世界から10本が選出された。アワードの行方に要注目だ。

「山村浩二 右目と左目でみる夢」
ユーロスペース 8月5日(土)~
名古屋シネマテーク 8月26日(土)~9月8日(金)
横浜シネマリン 9月10日(土)~9月22日(金)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集