MAPPAの新作アニメ「VANISHING LINE」10月放送決定 関智一、釘宮理恵ら出演 | アニメ!アニメ!

MAPPAの新作アニメ「VANISHING LINE」10月放送決定 関智一、釘宮理恵ら出演

ニュース

『ユーリ!!! on ICE』、『この世界の片隅で』、『神撃のバハムート』などを手がけてきたMAPPAの新作テレビアニメ『VANISHING LINE』が、10月よりテレビ東京ほかにて放送されることが決定した。

『VANISHING LINE』は、高度に発展した都市・ラッセルシティを舞台に、さまざまなキャラクターの旅と戦いを描いた作品だ。
ラッセルシティでは世界を揺るがす巨大な陰謀が動いており、その動きを察知した男・ソードは、陰謀を暴くため人知れず闘いに身を投じる。
そんな闘いのさなか、ソードはソフィという少女と出会い、行動をともにすることとなる。

主人公ソードを演じるのは『ドラえもん』のスネ夫役、『PSYCHO-PASS サイコパス』の狡噛慎也役などを務めてきた関智一。
ヒロインのソフィには『GRANBLUE FANTASY The Animation』のビィ役、『銀魂』の神楽役といった幅広い役を演じる釘宮理恵が起用される。
そのほかソードの相棒ルークを演じるのは島崎信長、謎の美女・ジーナ役は小清水亜美が担当する。

関は「物語の世界観に胸踊り、アクションシーンの演出に期待が膨らんでいます。久しぶりの大男役なので、楽しみながらやっております。良い意味で期待を裏切る仕上がりになると思いますので、楽しみにしていてください」とコメント。
また釘宮からは「シリアスで重厚感のあるお話です。ソフィはボーイッシュな風貌ですが、内面はどこにでもいるような普通の女の子。心情を丁寧に追ってお芝居していきたいと思います」とのコメントが到着している。

オープンしたばかりの公式サイトではビジュアルと特報映像が公開中。繁栄を謳歌するデジタル都市を縦横無尽に駆け抜けるバイク、そして迫力のアクションシーンと見どころの多い映像になっている。MAPPAが仕掛ける新作アニメはどんな仕上がりになっているのか、アニメファン注目のタイトルだ。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

特集