特撮映画「BRAVE STORMブレイブストーム」17年秋公開 シルバー仮面とレッドバロンが共演 | アニメ!アニメ!

特撮映画「BRAVE STORMブレイブストーム」17年秋公開 シルバー仮面とレッドバロンが共演

ニュース

1970年代に人気を博した特撮ヒーロー「シルバー仮面」と「レッドバロン」が共演する映画『BRAVE STORMブレイブストーム』の公開が決定した。2017年秋よりTOHOシネマズ上野ほかにて全国ロードショーとなる。公開決定に合わせて、宣伝資金増強を目的としたクラウドファンディングがスタートした。

『BRAVE STORMブレイブストーム』は1970年代に放送された特撮番組『シルバー仮面』と『スーパーロボット レッドバロン』のヒーローがともに戦うSFアクション映画である。
メインキャストは「クローズZERO」シリーズの大東駿介と『仮面ライダーオーズ/OOO』の渡部秀が担当。『ウルトラマンジード』の山本千尋、『青鬼 ver2.0』のタモト清嵐、『仮面ライダーアマゾンズ』の藤田富、『アイアムアヒーロー』の吉沢悠と特撮ドラマや映画に出演経験のあるメンバーが揃った。さらに壇蜜、泉谷しげる、寺脇康文などの実力者俳優が脇を固める。
製作は円谷プロダクションで代表取締役副社長を務めた岡部淳也の株式会社ブラストが担当。岡部がプロデューサー・脚本・編集・監督を手がけ、特撮業界のクリエイティブスタッフが集結した。クラウドファンディングも開始し、様々な特典プランがラインナップされている。


ストーリーは地球人類の滅亡を救うためにタイムスリップしてきた春日兄弟と、現代に暮らすロボット工学者の紅兄弟が、パワードスーツ「シルバー」と巨大ロボット「レッドバロン」を駆使して、侵略者・キルギス星人とバトルを繰り広げるという内容だ。
『シルバー仮面』の春日兄弟と、『レッドバロン』の紅兄弟がどのような邂逅を果たすのだろうか。東京を舞台とした地球存亡を賭けた戦いに期待が膨らんでいく。

『BRAVE STORMブレイブストーム』
2017年秋より、TOHOシネマズ上野ほかにて全国ロードショー

[キャスト]
大東駿介 渡部秀
山本千尋 タモト清嵐 春日光一 壇蜜 松崎悠希 藤田富
泉谷しげる 寺脇康文 吉沢悠

[スタッフ]
プロデューサー・脚本・編集・監督:岡部淳也
エグゼクティブ・プロデューサー:村田修一
原作:宣弘社
脚本協力:北村龍平
VFXプロデューサー:桑原 崇
VFXディレクター:子安 肇
特殊造形:高橋勇也
製作:株式会社ブラスト

[ストーリー]
2050年、地球人類は滅亡していた。
極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟(大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一)は過去に時間移動し、侵略者・キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ?シルバー“3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。
過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者・紅健一郎(吉沢悠)へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。紅健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟で血気盛んなボクサーの紅健(渡部秀)は、望むこと無くレッドバロン操縦者として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。

(C)albatross japan
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集