「太陽の使者 鉄人28号」「はじめ人間ギャートルズ」「レッドバロン」トムス3作品がBlu-ray BOX化 | アニメ!アニメ!

「太陽の使者 鉄人28号」「はじめ人間ギャートルズ」「レッドバロン」トムス3作品がBlu-ray BOX化

ニュース

トムス・エンタテインメントが手掛けた『太陽の使者 鉄人28号』、『はじめ人間ギャートルズ』、『レッドバロン』の三作品がBlu-ray BOX化される。『太陽の使者 鉄人28号』と『はじめ人間ギャートルズ』は初のBlu-ray化で、『レッドバロン』にしては初のディスクパッケージ化となる。1970年代から1990年代の名作アニメがいよいよBlu-rayで蘇る。

『太陽の使者 鉄人28号』は、1980年から1981年にかけて放送された。横山光輝が描くマンガ『鉄人28号』の2回目のテレビアニメ化作品で、時代設定など80年代にリファインされている。
Blu-ray化にあたっては、35mmフィルムを新たにプリント、HDリマスターした。高画質を堪能することができる。全51話をBOX前後編に分けてのリリースとなり、BOX1は10月26日に発売、BOX2は12月21日に発売される。価格は各40,000円(税抜)だ

『はじめ人間ギャートルズ』は1974年から1976年まで放送された作品で、全134話放送された。園山俊二が描いたギャグマンガをアニメ化し、コミカルに原始時代を描く。『鉄人28号』同様HDリマスター版となり、前後編に分けてリリース。BOX1は9月28日、BOX2は11月23日に発売。価格は40,000円(税抜)だ。

そして『レッドバロン』は、70年代にヒットした特撮番組『スーパーロボット レッドバロン』をアニメ化した作品で、1994年から1995年にかけて放送された。Blu-ray BOXでは16mmポジフィルムからテレシネしたHDリマスター版となり、全49話を収録。発売は9月28日、価格は49,000円(税抜)だ。

トムス・エンタテインメントが手掛けた名作がBlu-ray化、さらにHDリマスター版という高画質で視聴できるのもファンには嬉しいだろう。今後もどのような作品が登場するのか、引き続き注目したい。

『太陽の使者 鉄人28号』
(C)光プロダクション・TMS
『はじめ人間ギャートルズ』
(C)そのやま企画・TMS
『レッドバロン』
(C)TMS
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集