「クジラの子らは砂上に歌う」花江夏樹、石見舞菜香ら出演 PV&キービジュアルも公開 | アニメ!アニメ!

「クジラの子らは砂上に歌う」花江夏樹、石見舞菜香ら出演 PV&キービジュアルも公開

ニュース

2013年より「月刊ミステリーボニータ」にて連載中の、梅田阿比による漫画『クジラの子らは砂上に歌う』を原作とするテレビアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』。
10月から放送が始まる本作のメインキャストとして、花江夏樹、石見舞菜香、梅原裕一郎、島崎信長、小松未可子、山下大輝、神谷浩史の7名が発表された。

『クジラの子らは砂上に歌う』は、砂の海に浮かぶ巨船“泥クジラ”の民の物語を描いた作品。テレビアニメ化にあたって、監督は『四月は君の嘘』のイシグロキョウヘイ、アニメーション制作をJ.C.STAFFが担当する。

すでに放送に向けたアフレコも始まっており、主人公のチャクロを演じる花江は「独特の雰囲気の作品なので最初は緊張しました。収録では「泥クジラ」で生活するチャクロの揺れ動く感情を汲み取れるように気をつけました」と収録を振り返る。
リコス役の石見は「ガチガチに緊張していた私を、周りの方々が暖かく支えて下さり、とても良い雰囲気の中で収録させて頂いています。緊張感のある現場ですが、先の展開についてのお話で盛り上がったり、休憩の時間はとても和やかです」と現場の雰囲気を伝えている。
また梅原が「収録後、みんなでご飯に行ったりと、和気藹々とした雰囲気です。また、作品の雰囲気に合った、キャストの皆さんの繊細な演技に毎週刺激を受けます」と語れば、島崎は「毎回、『ここ良いよね』とか『ここが好き!』とか『この先が楽しみ』など、作品の話で盛り上がっている現場です。収録が進めば進むほど、より作品の世界に引き込まれ、登場人物たちへの愛着もより深まっております。スオウを演じさせていただけて、すごく楽しく、幸せです」とコメント。制作が順調に進んでいることがうかがい知れる。


本作は10月よりTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、BS11 にて放送、さらにNetflixでの配信も決定している。
さらに放送に先駆けて、キービジュアルと最新PVも公開。キービジュアルではキャラクターデザイン・飯塚晴子が描くメインキャラクターが散りばめられており、PVは音楽・堤博明による壮大な楽曲と、キャスト陣が演じる魅力的なキャラクターを確認できる。いずれも本作に関わるスタッフの実力が分かる内容だ。

放送情報
2017年 10月より放送開始
TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、BS11

Netflixにて配信
2017年10月 日本 /2018年 全世界

メインキャスト
チャクロ:花江夏樹
リコス:石見舞菜香
オウニ:梅原裕一郎
スオウ:島崎信長
ギンシュ:小松未可子
リョダリ:山下大輝
シュアン(団長):神谷浩史

(C) 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集