映画「銀魂」ジャパンプレミアに1500人のファンが集結 小栗旬ら豪華キャストが登壇 | アニメ!アニメ!

映画「銀魂」ジャパンプレミアに1500人のファンが集結 小栗旬ら豪華キャストが登壇

ニュース

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
  • (c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
  • (c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
  • (c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
  • (c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
  • (c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
  • (c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
2017年6月28日、映画『銀魂』のジャパンプレミアが東京ドームシティホールにて行われた。主人公・坂田銀時役の小栗旬をはじめ、メインキャスト陣が集結し、7月14日のロードショーに向けて意気込みを語った。

ジャパンプレミアには1500人のファンが詰めかけて大盛況となった。ステージには主演の小栗旬、菅田将暉、橋本環奈の三人が人気キャラクター・エリザベスを乗せた銀魂神輿とともに登場。柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎ら豪華キャストと福田雄一監督が登壇し、作品への思いを語った。
小栗は自身が演じた銀時について「普段ぐうたらだけど、守るべき者のために戦うという所がやっぱり、かっこいいし魅力的ですよね」とコメント。神楽役の橋本は「監督が演ってくれる表情をどれだけ忠実にできるのかということをいつも考えていました」と撮影を振り返った。本編では激しいアクションを披露しており、多彩な見所が詰め込まれた作品に仕上がっているようだ。

撮影で苦労したことについての質問では、近藤勲役を務めた中村から「ほとんどのシーン、僕はずっと裸だったので大変なことなどなかったです(笑)」と衝撃的な発言が飛び出した。小栗も「最初のシーンがハチミツまみれな姿だったから(笑)」と撮影秘話を明かした。
沖田総悟役の吉沢は「原作ファンの方々の反応が本当に怖かったです」と人気作の実写化に戦々恐々していたことを漏らすと、福田監督は「でも、キャラクタービジュアル解禁の時、すごい評判よかったよ」とコメント。すると吉沢は照れた表情を見せて、場内から黄色い声援が飛び交った。
さらに福田監督は自分の名前が入ったうちわを持った来場者を見つけて「本当に嬉しい!こういうのが支えになる」と笑顔になると、すかさず佐藤が「すぐ捨ててください」と呼びかける一幕も。撮影現場の和やかな雰囲気を垣間見ることができた。ラストは小栗の「夏だ! 祭だ! 銀魂だ!」の掛け声にあわせてキャノン砲が発射され、ジャパンプレミアは大盛況の内に幕を閉じた。

映画『銀魂』
7月14日全国ロードショー

(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集