映画「GODZILLA」“ゴジラ”が描かれたティザービジュアル第3弾がお披露目 公開日も決定 | アニメ!アニメ!

映画「GODZILLA」“ゴジラ”が描かれたティザービジュアル第3弾がお披露目 公開日も決定

ニュース

2017年11月の公開が報じられているアニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』より、このたび劇中に登場する“ゴジラ”が描かれたティザービジュアル第3弾がお披露目となった。公開日が11月17日に決定したことも発表されている。

今回披露されたゴジラのビジュアルは、ハイコントラスト調のシルエットのもの。体長や体色などは未発表だが、2016年公開の『シン・ゴジラ』に登場したゴジラとは異なる姿をしている。ティザービジュアル第3弾に用いられている「絶望は進化する」というキャッチコピーも意味深だ。

静野孔文監督は本作のゴジラについて「これまでのゴジラに縛られなくていいと当初より東宝さんからお許しをいただいたので、自由な発想でアニメならではのかっこいいゴジラが出来上がったと思います」とコメント。また共同でメガホンを取る瀬下寛之監督は「膨大な質量を支える為の独特の体組織と筋繊維の集積により、とてつもなく逞しいフォルムの造形となりました。創造した我々自身が平伏すような、恐ろしくも神々しい、作品全体を震わせる圧倒的な存在。それが本作のゴジラです」とのメッセージを寄せている。
そのほかエグゼクティブプロデューサーの古澤佳寛氏も「生命として2万年成長し続けた結果、『シン・ゴジラ』に登場する個体をも超える歴代最大サイズのゴジラが誕生しました。永きにわたり地球に君臨し、独自の生態系を築き上げたゴジラの姿にどうぞ期待ください」と語っており、歴代最大・最凶のゴジラに注目となりそうだ。

そして6月14日には、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭に本作が参加する。長編新作のメイキングを紹介する「Work in Progress」というプログラムに招待されており、静野監督と瀬下監督も登壇する予定となっている。公開されたばかりの「ゴジラビジュアル」に関する言及はあるのか、世界中の視線を集めることになりそうだ。

『GODZILLA 怪獣惑星』
2017年11月17日(金)全国公開

(C)2017 TOHO CO.,LTD.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集