実写映画「鋼の錬金術師」ワールド弾丸ツアーを敢行 山田涼介、本田翼が海外イベントに参加 | アニメ!アニメ!

実写映画「鋼の錬金術師」ワールド弾丸ツアーを敢行 山田涼介、本田翼が海外イベントに参加

ニュース

実写映画『鋼の錬金術師』が、6月30日からアメリカのロサンゼルス・コンベンション・センターにて開催される北米最大の日本アニメとポップ・カルチャーのイベント「第26回アニメエキスポ」に参加。
これを皮切りに総移動距離約2万7,653キロにおよぶ、ワールド弾丸ツアーを実施する。

「アニメエキスポ」では現地時間の7月7日、主人公エド役の山田涼介、曽利文彦監督が登壇する。
ここでは世界初公開となる本編フッテージ映像も公開される予定で、現地ファンだけでなく日本のファンも注目しておいたほうがいいだろう。
続いて7月7日には、フランスのパリ・ノール・ヴィルパントにて開催される日本文化の祭典「第18回ジャパンエキスポ」には山田、曽利に加えてウィンリィ役の本田翼が登場する。
北米、そしてヨーロッパでも絶大な支持を得る『鋼の錬金術師』ということもあって、両イベントとも3500~4000人収容のステージとなる。

世界各地でのステージイベントが終わると、続いては日本に帰還。すでに発表されている通り、原作コミック「鋼の錬金術師」連載スタートの日である7月12日に「“ハガレン”ファンイベント」が開催、曽利文彦監督と映画出演キャストが出演する。
このイベントでは最新映像とキャラクタービジュアルが公開されるほか、さらなるサプライズ発表も予定している。
またアニメのキャストからはエド役の朴ロ美、アル役の釘宮理恵の登壇が決定。アニメと映画の出演者が1つのイベントで集結する、これまでにないイベントである。

実写映画『鋼の錬金術師』は、日本では2017年12月1日に公開予定。公開までまだ半年の時間があるが、このワールド弾丸ツアーでさらなる最新情報が続々と明らかになりそうだ。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集