「劇場版 ウルトラマンオーブ」Da-iCEが声優初挑戦 山寺宏一&ジャンポケも星人役で参加 | アニメ!アニメ!

「劇場版 ウルトラマンオーブ」Da-iCEが声優初挑戦 山寺宏一&ジャンポケも星人役で参加

ニュース

3月11日の全国ロードショーまで2ヶ月を切った『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』のアフレコが行われ、主題歌を担当するボーカル&ダンスグループ「Da-iCE」の工藤大輝と花村想太が宇宙人役を熱演した。

闇のアイテム・ダークリングの力で地球を宝石に変えようと企む闇の宇宙人軍団を相手に、オーブが大激闘を繰り広げる本作。
宇宙人を演じることになった工藤は「宇宙人は日本語をしゃべらない役なので、リアクションの声の高さとか、セミ女のセミっぽい鳴き声とか難しいなと思いながら役作りをしました」とエピソードを語る。
また花村は「アフレコ当日に宇宙人役と聞いて、地球語ではなく言葉がない分より頑張らないとなと思いました」を振り返った。

そして声優の山寺宏一がガピヤ星人サデス役、お笑い芸人のジャングルポケットのおたけ・太田博久・斉藤慎二はそれぞれ星人役として初の特撮映画に参加している。
山寺が「ウルトラ」シリーズに関わるのは、1992年に制作された『ウルトラマングレート』以来のこと。久しぶりの出演を喜ぶとともに「監督から「アドリブもどんどん入れて下さい」と言われ焦ったのですが、結果的に楽しく演じる事が出来ました」と語る。山寺のアドリブにも期待が持てそうだ。

おたけは「周りからはドッキリなんじゃないかと言われて、実際スタジオに来るまで“もしかして…”と思ってました(笑)」とアフレコ前の心境を吐露。
太田は「家族も親戚も知っている作品ですし、生まれてくる子どもにも“父さんこれやったんだぞ”と誇れる作品なので、いただいた機会を頑張ろうと思いました」と意気込みを語る。
監督から感情を出さずに演じて欲しいと言われたという斉藤は「いつもと反対の役を演じているのでいい勉強になりました」と手応えを掴んでいる様子だ。

本作ではウルトラマンギンガら新世代ヒーローズが登場するだけでなく、地球の危機にウルトラマンゼロとウルトラセブンも参戦することが決定している。華やかな作品の中でゲスト声優がどんな活躍を見せるかに期待したい。

(C)劇場版ウルトラマンオーブ製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集