「金狼感謝祭2016」雨宮慶太をはじめキャスト・スタッフが登壇 新シリーズも発表 | アニメ!アニメ!

「金狼感謝祭2016」雨宮慶太をはじめキャスト・スタッフが登壇 新シリーズも発表

ニュース

「金狼感謝祭2016」
  • 「金狼感謝祭2016」
  • (c)2016「絶狼」雨宮慶太/東北新社
2016年11月23日、「牙狼〈GARO〉」シリーズのイベント「金狼感謝祭 2016」がファミリー劇場とニコニコ生放送にて生中継された。雨宮慶太総監督をはじめ、キャストやスタッフ陣が一堂に会し、大きな盛り上がりを見せた。

2017年放送予定の「絶狼」シリーズ最新作『絶狼〈ZERO〉-DRAGON BLOOD-』からは藤田玲、青島心、松山メアリ、芳賀優里亜が出演。主人公・涼邑零が通うBar・ルーポに集まって、終わったばかりの撮影を振り返った。
イベントでは竜騎士エデルのビジュアルが公開され、エデル役の弓削智久も姿を見せた。弓削は「『牙狼〈GARO〉』の大ファンだったので、参加できてうれしかったんですけど、実は高いところが苦手で。高い所のアクションは大変でしたね」と過酷な撮影を明かした。
さらにエンディングテーマ「Zoe~Beautiful World~」を藤田のバンド・DUSTZが手がけることも発表。スタジオに集まったファンの前で楽曲を初披露した。

アニメ『牙狼-紅蓮ノ月-』からはキャラクターデザインを手がけた桂正和と声優の中山麻聖が出演。桂は「中山さんの声がカッコいいから良かったですよ」と語り、中山が「桂先生のキャラには目力があるから気合が入りましたね」と返すなど、多彩なトークが繰り広げられた。
『牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝-』からはエンディングテーマを担当したユニット・魔戒歌劇団が登壇し歌声を披露した。だが残念ながら魔戒歌劇団プロジェクトの一時休止も発表された。雨宮総監督は「もともと10周年企画で発足したものだったので、一度区切りをつけようと思った。ただしプロジェクト自体を終了させるわけではないので、いつか活動再開もあるかもしれない」と今後の展開に含みを持たせた。
そのほか最新情報として、テレビアニメ新シリーズ、道外流牙シリーズ劇場版『牙狼神の牙-KAMINOKIBA-』、冴島雷牙シリーズ劇場版『牙狼-月虹ノ旅人-』の製作が明かされた。10周年後も多彩な企画でファンを盛り上げていく。

『絶狼〈ZERO〉-DRAGON BLOOD-』
2017年1月6日テレビ東京ほかにて25時23分より放送スタート
(c)2016「絶狼」雨宮慶太/東北新社
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集