『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日 | アニメ!アニメ!

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日

インタビュー

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
  • 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』池田秀一×早見沙織スペシャル対談 シャアとララァが初めて出会った日
安彦良和漫画原作/総監督のアニメーション作品『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の「シャア・セイラ編」がいよいよ完結する。2015年よりシャア・アズナブルの過去を描く物語として、全4話構成で発表されてきた「シャア・セイラ編」は2016年11月19日(土)2週間限定上映の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』で幕を下ろす。
本作では運命の女性、ララァ・スンの登場が大きな見どころとなっている。ララァとの出会いはシャアにどのような変化をもたらすのか――そのはじまりが描かれる。
アニメ!アニメ!では『THE ORIGIN IV 運命の前夜』上映を記念し、シャア・アズナブル/エドワウ・マス役の池田秀一とララァ・スン役の早見沙織の対談を実施。作品への思い、世代を超えた二人の役へのアプローチ方法など丁寧に話していただいた。
[取材・構成:細川洋平]

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV] 運命の前夜』
2016年11月19日(土) 2週間限定イベント上映スタート。Blu-ray Collector's Edition上映劇場にて先行販売。「全国上映劇場舞台挨拶キャンペーン開催」
http://www.gundam-the-origin.net/

――「シャア・セイラ編」全4話、振り返ってのご感想をお聞かせください。

池田秀一(以下、池田)
長いようで短かったですね。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の過去編にあたる「シャア・セイラ編」をアニメ化すると聞いて、漫画原作で読んでいて、キャスバルからエドワウ・マス、シャア・アズナブルへとなっていくプロセスを「やってみたいな」と思ったんです。でも年齢的な問題もありますし、ちゃんと演じられるのか自分でもわからなかったのでオーディションをやらせてくれないかと申し出ました。結果、エドワウからやらせてもらえることになり、その時はよろこびと意気込みに溢れていました。ただ、今振り返ると「大変だったな」と(笑)。やりたいと言った手前、今まで黙っていましたけどね(笑)。今はひと安心しています。

――共演者にはさまざまな世代のキャストが揃いました。

池田
安彦さんの漫画原作を読んで自分なりにイメージを作って行くわけですが、アルテイシアはどう来るのか、ガルマは、ララァはどう来るのかは一人でイメージしようがなく、現場で作っていくしかないわけです。今回のアフレコは、メインキャスト揃ってできたので、演技はキャッチボールですから、僕は現場に入る時にイメージをゼロにして、アルテイシアやガルマ、ララァと掛け合いをしました。だからおもしろかったですよ。僕もスタジオへはドキドキしながら行けましたし、みなさんが僕を"導いてくれた"と思っています。


――一方、早見さん演じるララァ・スンは第4話で初めて登場します。まずは役に決まった時の心境をお聞かせください。

早見
正直に申し上げますと『機動戦士ガンダム』は、一部を見ていましたが、全話を通して見たことがなかったんです。オーディションに向けて役柄を調べたり、映像に触れてイメージを膨らませていきましたが、オーディションの段階で役を完成させていた訳ではなくて、音響監督さんやいろんな方の指示をいただきながら探っていく感じで。そもそもオーディションの時は自分が受かるなんて思っていなくて、ただ『ガンダム』のオーディションを受けさせていただいたことがうれしくて、その日はホクホクした気持ちで帰りました。その後、「ララァ役に決まりました」とご連絡をいただいてから、プレッシャーが生まれました(笑)。

――潘恵子さんが演じられているララァ像もある中での役へのアプローチはどのように進めたのでしょうか。

早見
やっぱりみなさん、潘恵子さんが演じたララァの雰囲気は共通認識としてあるものだと思いながらも、私は潘さんをマネすることはできないし、同じところへ向かおうとするのはぜんぜん違うと思ったので、歴史や重みは常に意識しながら、何より現場に行くと何もかも真っ白な状態になるので、そこでいろいろな方に話をいただきながら作っていったという形です。


《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集