人形劇の魅力を語る「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ワンフェスステージレポ | アニメ!アニメ!

人形劇の魅力を語る「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ワンフェスステージレポ

イベント・レポート

人形劇の魅力を語る「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ワンフェスステージレポ
  • 人形劇の魅力を語る「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ワンフェスステージレポ
  • 人形劇の魅力を語る「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ワンフェスステージレポ
  • 人形劇の魅力を語る「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」ワンフェスステージレポ
7月24日に千葉県幕張メッセで開催された国内ガレージキットの祭典ワンダーフェスティバル2016[夏]。本稿では、グッドスマイルカンパニーブースで開催された『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』のステージレポートを届ける。

今回のステージでは、初めに凜雪鴉役の鳥海浩輔と殤不患役の諏訪部順一、狩雲霄役の小山力也、捲殘雲役の鈴村健一が自己紹介を交えて登壇。まずは声優陣らが声を演じる人形を前にそれぞれ印象を話した。

ここからは本作の魅力について語られていく。初代「サンダーバード」や「プリンプリン物語」、「空中都市008」など日本には過去多くの人形劇が放送されていた。そのことから本作は、様々なVFXが加えられた現代の人形劇として今までなかったような設定の斬新さや、日台のコラボレーションによる新しさが魅力ではないかと語られた。人形だからこそのカッコよさと、人形なのにこんなことが出来るという驚きがあるという。台湾の伝統文化である布袋劇の王道的な演出を盛り込みながら、丹翡のようなアニメ寄りな造形のキャラクターがいるため台湾にとっても日本にとっても新鮮であるとのこと。

他にも台湾版での弁士が語るバージョンのものや、声を当てるタイミングなどが一般的なアニメとは少し異なっていることが語られた。
ここで、いよいよ生アフレコに移行。声優陣によるキャラクターのセリフがギャグ寄りのアドリブで演じられ、ステージに詰めかけたファンを大いに笑いを誘った。

この後、今後発売が予定されているグッズの紹介へ。まずは「ねんどろいど 凜雪鴉」と「ねんどろいど 蔑天骸」を紹介。さらに9月7日発売のBlu-ray/DVDには、オーディオコメンタリーが収録され、脚本の虚淵玄氏を含む声優陣達による作品の裏話が展開されるという。またサントラが8月24日に、キャラクターデザイン画集が8月31日に発売される。

ステージの締めでは、鳥海はビックリするようなますます起こるので観て欲しいということを、諏訪部は日本と台湾の架け橋になるなるような作品なのでより多くの人が広めて欲しいことを述べた。鈴村は本作によって日本で再び人形劇が盛り上がることを、小山は虚淵作品であるため本作でもとんでもない展開を用意されていることを話し、各声優の様々な意気込みを表してステージを終了した。
《G.Suzuki》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事