「Thunderbolt Fantasy」2016年7月放送開始 虚淵玄が仕掛ける国境を超えたプロジェクト | アニメ!アニメ!

「Thunderbolt Fantasy」2016年7月放送開始 虚淵玄が仕掛ける国境を超えたプロジェクト

『魔法少女まどか☆マギカ』をはじめ、数々の話題作、ヒット作を手がけてきたクリエイター虚淵玄(ニトロプラス)が、2016年に新たなジャンルに挑んだ。

ニュース
『魔法少女まどか☆マギカ』をはじめ、数々の話題作、ヒット作を手がけてきたクリエイター虚淵玄(ニトロプラス)が、2016年に新たなジャンルに挑んだ。それは人形劇である。話題の新プロジェクト『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の放送が、2016年7月からであるとニトロプラスより発表された。
TOKYO MXでは毎週金曜23時から、BS11では毎週金曜23時30分から放送される。ゲームやアニメで圧倒的な表現を実現してきた虚淵玄の新たな創造の世界が、この夏に明らかになる。

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』は、原案・脚本・総監修を虚淵玄が務める人形劇である。台湾の霹靂國際多媒體股フン有限公司(略称:霹靂社)が制作を手がける。
人形劇というと馴染みが薄いかもしれないが、霹靂社が制作した人形演劇『布袋劇』は、台湾では「知らない人間はいない」と言われるほどポピュラーな存在だ。人形ならではの煌びやかさと、独自の世界観をハイクオリティで実現するのが人気の秘密だ。
そんな映像に惚れこんだニトロプラス、虚淵玄と霹靂社が結びつき、日台共同企画の『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』が誕生した。国境を超えたスケールの大きなプロジェクトとなった。
またキャラクターデザインはニトロプラスが率いるグラフィッカー陣が担当。武器デザインは霹靂社と石渡マコト(ニトロプラス)が起用されている。また人形の造形アドバイザーとして、グッドスマイルカンパニーも参加する。

虚淵玄は、『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』『楽園追放 -Expelled From Paradise-』でアニメファンにはお馴染みだ。『仮面ライダー鎧武/ガイム』など特撮番組も手がけるが、ドラマ性に満ちたストーリーが特徴となっている。『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』では、中華圏ではお馴染みの武侠ものに挑戦する。
かつて魔界と人間界が争った戦いで生み出され、無双の力を発揮した「神誨魔械」。なかでも最強の武器である「天刑劍」が、悪の手に落ちそうになる。それを守る丹翡は、敵から逃れる途中に凜雪鴉と殤不患のふたりと出会う。3人は新たに仲間たちを加えつつ、敵・蔑天骸のいる七罪塔を目指す。

そんなキャストを演じる声優陣も豪華だ。凛雪鴉役の鳥海浩輔、殤不患役の諏訪部順一、丹翡役の中原麻衣をはじめ名だたる声優が並ぶ。そして主題歌はT.M.Revolutionが務める。
台湾の伝統文化と日本のコンテンツ文化が融合する『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。この夏、必見の作品だ。

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』
TOKYO MX・BS11にて2016年7月より放送開始
thunderboltfantasy.com

[スタッフ]
原作: Thunderbolt Fantasy Project 
原案・脚本・総監修:虚淵玄(ニトロプラス)
操演・撮影: 霹靂國際多媒體 股フン有限公司
キャラクターデザイン: ニトロプラス(三杜シノヴ/源覚/Niθ/中央東口)
/武器デザイン: 霹靂國際多媒體 股フン有限公司、石渡マコト(ニトロプラス)
造形アドバイザー: グッドスマイルカンパニー
制作: Thunderbolt Fantasy Project
(C)Thunderbolt Fantasy Project

[キャスト]
凛雪鴉(リンセツア): 鳥海浩輔
殤不患(ショウフカン) : 諏訪部順一
丹翡(タンヒ): 中原麻衣
狩雲霄(シュウンショウ): 小山力也
捲殘雲(ケンサンウン): 鈴村健一
刑亥(ケイガイ): 大原さやか
殺無生(セツムショウ): 檜山修之
丹衡(タンコウ): 平川大輔
廉耆(レンキ): 山路和弘
蔑天骸(ベツテンガイ): 関智一
殘凶(ザンキョウ): 安元洋貴
獵魅(リョウミ): 戸松遥
凋命(チョウメイ): 大川透
ナレーション: 田中敦子
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集