「甘々と稲妻」戸松遥と関智一がアフレコに合流 現役小学生の遠藤璃菜にメロメロ | アニメ!アニメ!

「甘々と稲妻」戸松遥と関智一がアフレコに合流 現役小学生の遠藤璃菜にメロメロ

ニュース

テレビアニメ『甘々と稲妻』は7月4日よりTOKYO MXほかにて放送開始となる。このたび、アフレコを終えた声優陣のコメントが公開された。原作者の雨隠ギドもアフレコを見学し、8月6日発売の「good!アフタヌーン」(講談社)にレポマンガが掲載される予定だ。

第5話「お休みの日のとくべつドーナッツ」のアフレコには、犬塚公平役の中村悠一、犬塚つむぎ役の遠藤璃菜、飯田小鳥役の早見沙織に加え、この回から小鹿しのぶ役の戸松遥、八木祐介役の関智一が参加した。本作での初アフレコを終えた戸松は、現役小学生の遠藤について「“こどもの役を演じるのが子役の声優さん”という現場が今までに一度もなかったので、マイクの高さの違いとかを見て、本当のこどものサイズ感を実感してビックリしました」とコメント。「つむぎちゃんのお芝居もすごくカワイくて、ずっとニヤニヤがとまらない一日でした」とその演技の虜になったと語った。
関も「八木は仏頂面な感じで登場するんですけど、つむぎちゃんがカワイイので僕自身が笑顔になってしまい、それをグッとポーカーフェイスにするのに苦労しました」と収録の裏話を明かす。さらに「とても和やかな雰囲気で、雨隠先生からの差入れのドーナツをいただきながら楽しく収録することができました」とアフレコも順調だったようだ。収録後には遠藤を中心に5人で集合写真を撮影し、キャストの仲の良さが伝わってくる1枚となった。

『甘々と稲妻』は2013年より連載中のグルメマンガが原作だ。妻を亡くした高校教師・犬塚公平と娘のつむぎが、教え子の女子高生・飯田小鳥と食卓を囲む日々を描いている。監督は『一週間フレンズ。』の岩崎太郎、アニメーション制作はトムス・エンタテインメントが行う。
[高橋克則]

『甘々と稲妻』
7月4日よりテレビアニメ放送スタート

(c)雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集