「ガンダム サンダーボルト」劇場版の4K上映決定 究極の映像がスクリーンに | アニメ!アニメ!

「ガンダム サンダーボルト」劇場版の4K上映決定 究極の映像がスクリーンに

ニュース

『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』が6月25日により2週間限定でイベント上映される。同日から有料配信の開始も決定しているが、劇場で4K上映されることが決定した。
本作は、2015年12月より有料配信されていた『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の全4話に新作カットが入ったディレクターズカット版である。『機動戦士ガンダムUC』を手掛けたサンライズ第1スタジオが制作し、クオリティの高い映像であることも特徴だ。
2週間の限定上映と共に、有料配信がAmazonビデオ、TSUTAYA TV、ひかりTV、PlayStation Video、bonobo、楽天ショウタイムで実施される。

今回新たに4Kでの上映が決定した。ガンダムシリーズとしては、初の4K作品で、高画質の映像が特徴だ。まだ4Kの映像が見られる環境が少ない中、大画面で見ることができる貴重な機会となるだろう。
北海道の札幌シネマフロンティア、東京の新宿ピカデリー、神奈川の横浜ブルク13での実施を予定している。スケジュールの詳細は、今後各劇場の公式サイトなどで明かされる。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』は、『機動戦士ガンダム』でも描かれた一年戦争の末期を舞台に、「サンダーボルト宙域」と呼ばれる戦場での戦いを描く。「DECEMBER SKY」は、Bl-rayの初回限定盤を6月25日より劇場とバンダイビジュアルクラブのみで販売。一般発売は7月29日からを予定している。

『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』
(C)創通・サンライズ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集